頚椎(脊柱頚部)の可動域(ROM)作用する筋肉の一覧

頚椎【前屈・後屈】の平常可動域と作用する筋肉

頸椎前屈・後屈のROM
前屈(屈曲) 60度縮む筋
胸鎖乳突筋、広頚筋、前頚筋(前頭長筋・頭長筋・頚長筋)、斜角筋
後屈(伸展) 50度縮む筋
脊柱起立筋群(腸肋筋・最長筋・棘筋)、多裂筋、半棘筋、棘間筋、項筋

頚椎【側屈】の平常可動域と作用する筋肉

頸椎側屈のROM
側屈 50度縮む筋
側屈がわの、胸鎖乳突筋、半棘筋、斜角筋、板状筋、項筋、(僧帽筋、肩甲挙筋)

頚椎【回旋】の平常可動域と作用する筋肉

回旋 40度
(肩甲骨の動きを排除する事)
縮む筋
左回旋時:右の胸鎖乳突筋、右の斜角筋、右の半棘筋、右の多裂筋、右の回旋筋、左の板状筋、左の項筋

デリケートな頚はほぐせる筋が限られるため、ストレッチや抵抗運動(MET)がとても有効です。回旋にかかわる筋の組み合わせが少し複雑なので尚更です。
(頚の動きには関与しないとされている筋もいくつか独自に表記しています。『停止が起始に近づく』という解剖学の教えを盲信しないのも大事かと。)

関連