手に職!開業・副業するための整体学校。シンプルな理論で『アナタらしく』を応援する手力整体塾です

整体師への道【きっかけ~勉強】編

整体師独立開業体験記

『整体 勉強』などのキーワードでこのページに辿り着く方が多いようです。ありがとうございます。ブログにも関連エントリーにタグを付けてをまとめております。参考にして下さい。関連ブログ:勉強の仕方タグ

出会い

高校を出て以来、常に肉体労働をしてきた。
憧れの職だったP.A.エンジニアという職も、表向きはコンサートやイベントの音響担当だが、実際は機材の運搬からセッティングまで行なうので、7割方チカラ仕事。気付けば筋肉ムキムキになていた。

正しいトレーニングで付けたバランスの良い筋肉ではないので体が歪み、肉体労働10数年目にはハッキリと痛みが出た。
“背中が痛い”“座っていられない”“仰向けで眠れない”
そんな折、かかり付けの病院である整骨院を紹介され、ものは試しと施術をお願いした。(後の師匠だ)

驚いた。
当時は確かソフトカイロとうたっていたその整骨院の院長は、私の背中にほとんど触ることなく痛みを取ったのだ。
施術後の歩きにくさ(相当歪んでいた為と思われる)も含め、『手だけで人の体がこんなにも変わるものか!?』と本当に新鮮な驚きだった。

だが、何度か通い、症状がすっかり気にならなくなったところで、この話はいったん終わる。

転機

数年後、私は大きな転機を迎える。離婚したのだ。足かせは何もなくなった。

ちょうどその頃、親友の1人がサックスを担いで渡米した。
某有名理系大学を卒業している彼は、普通ならエリートの道を難なく走っているはずだが、『人生を謳歌する』ほうを選んだ。

そこで私も我に返る。
『自分だけの人生ならもっと楽しむべきなのではないか?
夢中になれる趣味はある。だがしかし、離婚した今、毎日肉体を削る必要はあるか?そもそも一生出来る仕事ではないではないか。趣味だけではなく、仕事も、“楽しみながら一生出来るもの”に変えるなら、今なのではないか』

そう思った翌年、10年勤めた会社を辞めていた。
まだ何も決まっていなかったが迷いはなかった。
『楽しんでやる!!』とにかくそれだけだ。

退職~閃き

10年勤めた会社を退職し、半年は遊びほうけた。
日本中にいる釣り友達の所を渡り歩き、漠然と小型船舶1級操縦士の免許を取ったりもした。

失業保険をもらいきり退職金に手を着け始めた頃、次の仕事についてリサーチを始めた。(遅いぞ!)

夢は独立開業だ。協調性に欠けている私が、一生楽しく仕事をしようと思ったら独立してしまうのが1番だと考えた。
会社を疑ったり、会社の所為にしたりはもうしたくなかった。

そこで、独立する事を前提に色々な職業でシュミレーションをした。基本はこうだ。

  • 楽しみながら一生出来そうなもの
  • お客様から直接お金を頂けるもの
  • 資金が少なくて出来るもの
  • 仕入れ・在庫がないもの

なんて都合の良い考えだろう。
だが考えるうちに思い出したのだ。あの驚きを与えてくれた治療院を。

そうだ、オレも整体師になろう!

整体師なら前出の問題は全てクリアしている。尚且つ・・・

  • 文字どうり手に職なので、粗りは限りなく100%に近い
  • 年を取れば取るほど達人っぽくなる(一生現役でいられる)

独立するのにこんなに都合の良い商売、他にあるだろうか。(実際そう甘いわけないんだけど)夢は一気にふくらんだ。

学校選び

しかし、そういう目で見ると、整体院は街にあふれていた。
めぼしい所をいくつか回って施術を受けたが、あの驚きを超える事はなかった。

あの治療院に飛び込みたかった。
だが私が行った頃は院長1人で忙しそうに切り盛りしていて、どう見ても人に教えている場合ではなさそうだった。飛び込んでも迷惑になるのは目に見えている。

独立開業マニュアルという雑誌やインターネットを使い、幾つかの学校から資料請求し2つの学校を見にいった。学校の規模やイメージから、とある大手整体学校に通う事になるのだが、これは後に浅はかな判断だったと気付く。
整体という資格をしっかり理解していなかったからだ。

ただ良い事がひとつあった。
まったくの偶然だが、この整体学校と驚きをくれたあの治療院は、ほんの少しつながりがあったのだ。

とにかく勉強!

授業がある日は毎日朝から晩まで学校にいた。
とにかく早く技術を身に付けたかったし、早く卒業したかった。(卒業すれば即開業できると思っていた)
だが卒業が近づくにつれ不安が出てきた。『こんなのでいいのか?』

この学校は(というかその時にいらした講師は)、基礎的な解剖学は結構ちゃんと教えてくれたし、からだを隅々まで揉む動作も教えてくれた。(カイロ的な事も少々)

だがしかし、『こんな腰痛はこうする』『こんな肩こりはこうする』といった具体的なことはもとより、『なぜ痛むのか?』『なぜ痛みが取れるのか?』『そもそもなぜ凝るのか?』といった、整体を行なう上で根っことなる『考え方』を明確にしてくれる先生がいなかった。
(でも今考えると、これはこれで良かったのかも。おかげで自分で考える事が出来たし)

根っこが欲しかった。
具体的な対処法も知りたかった。
そしてやっぱり経験も欲しかった。

そこで・・・・
『こんな治療院があるんだけど・・・』と、あの治療院の話を学校関係者にしてみたところ、『・・・・・・あ~~、多分紹介できますよ』との返事だった。

これは・・・・・・何かの導きなのか。
あの先生の下で経験が積める。感謝感謝。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

公式ブログ最近の投稿

手力整塾@からだ応援団

 

横浜・新横浜から乗り換え無し
〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-6-6
ニュー椿荘302
塾長:パンチ伊藤

誰かの1歩のために

 

1歩踏み出せば世界は変わると確信しています。知る事・繋ぐ事。恐怖が小さくなれば1歩が出せます。
難しそうに思える身体の事を、ベーシックなところで繋いでわかりやすく。
『もう少しだけ先へ』
全ては誰かの1歩のために。

 

手力整体塾塾長パンチ伊藤

PAGETOP
Copyright © 2006-2017 Tedikara Seitai School All Rights Reserved.