整体で独立開業メリットデメリット

低資金で開業可能

訪問(出張)形式なら、数万円の資金で開業できる。 事実ワタクシ私パンチ伊藤の場合、フリーマーケット出店用に折りたたみ式のベッドを購入したものの、開業資金は5万円ほど。

ただし、『なぜ訪問形式で営業するのか』という明確な理由がないと、とてもじゃないが続かないと思ったほうが良い。『開資金がないから訪問で・・・』というのは理由にならないことも知っておいた方が良い。訪問形式で整体院をやろうとするなら、たとえお金があっても訪問形式を選ぶ理由が欲しいところです。

低資金での開業は可能ですが、低資金なほどに集客は大変だという事を忘れないこと。訪問形式で整体院を運営しなければならないのっぴきならない理由があるから、困難な集客を乗り越えられるわけです。

私の場合、整体で独立をした理由は、『時間を自由に使いたい』(もっと釣りしたい)。
だからテナントに看板を掲げて1日中そこに居るという発想はまったく無し。『釣りしながらお客さんからの電話を受ける、しかも断る』というのが当初の目標でした。

時間を自由に使いたいから訪問整体での開業を選びました

時間の自由さ優先で訪問形式にこだわりました

テナントを借りるとしても、設備費などは他業種と比べ物のにならないくらい安上がりだと言う事も付け加えておきます。

固定費が少ない

商品を扱う商売ではないので仕入れが無く、原価はほぼゼロ

スクールやセミナー、書籍やDVDなど、スキルアップの為の自己投資は必要ですが在庫にはなりません(そのようにしないといけません)。仕入れが無い、在庫が無いという商売は、ありそうで中々無い。これは確定申告の際にもとっても優れたメリットになります。

整体の料金設定に悩む人を良く見かけます。良くある商売にあるものが整体業に無いのも悩む理由のひとつ。施術の価値を何処に見出すのかがカギかもしれません。

日々掛かってくる経費に関しても訪問形式ならほぼゼロです。
厳密には、ガソリン代・サーバー代・電話代・など掛かっていますが、お客さん1人あたりに換算したら微々たるものです。
ほとんどは固定費ですから、お客様の数が増えれば経費はどんどん少なくなっていきます。

伊藤が思うに、この【固定費が少ない】のが整体で独立開業する場合の最大のメリットです

基本的に
売り上げ-経費=収入 なのですから。

  • 沢山経費を掛けた分沢山働くのか
  • 経費を削減した分自由な時間を確保するのか

それは皆さんの自由ですが、多額の経費を掛けるのであればもっと良い商売はあるように思います。

飽きない

整体は飽きない。これ私にとっては大きなメリットです

『飽きないで続けるから商い(あきない)と言うんだよ』
そんな言葉を聞いた事があります。

私は色んなものに興味を持って手を出す反面、実は凄く飽きっぽい。
要領が良いというか、感が良いというか、大概のものはわりとすんなり出来てしまうので直ぐに飽きます。一見自慢のようですが、本人にとってひとつも良い事はない。ディープなところまでいかずに飽きるのは、ただただ時間の無駄遣い。反省すべき点です。

そんな私が飽きずに続けているのが、整体と釣り。
どちらも相手が自然・天然ですから、一瞬たりとも同じ状況は無いのです。
昨日××だったから、今日も××。ということはほとんどありません。10人触れば10人違うし、同じ人でも日が変われば違う。これは全然飽きようがありません。

ただし、整体や釣りといった行為だけを『覚えて』繰り返していたらすぐに飽きるでしょう。
覚えたことを繰り返すだけじゃ楽しくありませんからね。

整体は一見肉体労働ですが、本当は八割方頭脳労働。
診る・考える・推理する・検証する
そんな行為が好きな人なら、整体は飽きずに続けられる商いになるでしょう。

縁(えん)

2017年十周年を迎えた手力整体塾です。ご縁に感謝!
2017年十周年を迎えた手力整体塾です。ご縁に感謝!

これは整体に限った事ではないかも知れませんが、しっかり勉強し、本気で取り組んでいる姿勢を発信できれば、思いもよらぬ『縁』が生まれます。

新しい縁ばかりではなく、過去の縁も復活します。
伊藤もここ数年、10年ぶり、20年ぶりの友人から相談を受ける事が多くなり、つくづく縁のありがたみを感じています。

体のトラブルというのは、知り合いに聞いて済めばそれに越した事はないんですね。

音信不通になっていた友人や、ほとんど会話もしなくなっていた家族。
折角持った『縁』を深めるためにも整体は一役買います
家族の身体に触るなんて、整体以外では中々できません。
整体などの手技療法を習いだすと夫婦仲も復活します。
いやほんと、数年ぶりに子どもを授かった卒業生もいますから。

年齢性別を問わない

年齢性別を問わない仕事は案外ありません。整体ならジジイでも無問題!

年齢性別を一切問わない仕事というのも、ありそうで中々ありません。
手技によっては、高齢だとつらいものも有るかもしれませんが、チカラに頼らない手力整体の施術なら問題ありません。むしろ、か弱い女性にこそオススメです。

整体の技術を身に付けて就職をしようとする場合は、年齢がネックになる事もありますが(いわゆる癒し系のサロンなどは若い人しか採用しない)、独立開業する際はまったく問題にはなりません。
高齢なら経験豊富そうに見えるし、若年なら生きの良さや危なっかしさが売りになります。

女性施術者でなければ嫌だという患者さんも沢山います。
『女性施術者が女性専門で施術をするちゃんと痛みの取れる整体院』はまだまだ足らないのが現状だと思います。

続ければ何とかなる

売っておしまいではないのが整体という仕事。
物販などの商売と比べて必然的にリピート率は高いです。実際、ご利用は年数回ですが、からだ応援団スタート時から続く方々が数名いらっしゃいます(2019年で15年目)。少々乱暴な言い方想ですが、続けていれば何とかなります。目安は2年。

はじめから融資を受けてテナント等で大きくやるにしても、出張でコツコツお客様を集めるにしても、とにかく2年間続けられるスタンスでやることです。

整体の売り上げがほとんどなくても、2年間続けられるかどうか。そういうことです。この間、貧乏をしては駄目です。貧乏は全てのやる気を奪っていきます。

まずは2年間、普通に生活できる状態にしておくこと。
貯金とか融資とか、食うに困らない副業のバイトとか、それらがあって色々なことにチャレンジできるわけですから。

この2年という期間は、右往左往していた私が実際に体験し実感した期間ですから、このサイトをご覧になっている方は、もっと短くする事が可能だと思います。

手拭い

からだ応援団が、手拭いを発注している倉敷のタオル屋さんから届いた封筒。

けして綺麗とはいえない手書きの宛名が書かれた封筒には、粗品の手ぬぐいと、ちょっとした新聞。もらった私は・・・・
おーー頑張ってるなぁ。ウチも頑張らなきゃな』となって、年末にまた手ぬぐいを発注するわけです。共存共栄の精神が長い付き合いには欠かせません。

一番簡単で一番効果的なのが続けること。
『急ぐならひとりで行け、遠くまで行くなら一緒にいけ』アフリカに伝わる諺だそうです。手力整体塾と一緒に、ちょっと遠くまで行きませんか。

自分も健康になる

自分も健康になれるのが最強のメリットです

整体師として独立開業した場合、実はコレが最強なメリットだと思います。

雇われの整体師だと不健康な人は沢山いると思いますが、独立している人で不健康な人は滅多にいません。知識も技術もあるので、どちらの整体師も肉体は自分でケアできますが、雇われている人の場合、精神的な面がどうもネックになるようです。

その点、独立して軌道に乗せている人は元気な人が多い。というか、元気でなければ、軌道に乗せる事は難しいでしょう。
自分を頼ってくださる大切なクライアントさんに、いつでも良い姿勢で、良い気を持って接したいのであります。

一番大切な仕事は自分の健康

師匠に叩き込まれた事です。
おかげさまで、50を過ぎてもまだまだ全開で遊べます。ありがとうございます。

無料体験受付中

伝えたいのは痛みの取り方ではなく、身体の凄さ整体の面白さ。


『遊ぶように学び遊ぶように働く』
素のままの自分で誰かの役に立てば「生き方」はそのまま「働き方」になります。