回旋筋(かいせんきん)

回旋筋
起始各椎骨の横突起
停止短回旋筋:ひとつ上の棘突起
長回旋筋:ふたつ上の棘突起
神経支配脊髄神経後枝 それぞれ頚、胸、腰神経
作用脊柱の回旋

隣接する椎骨を結ぶ短回旋筋と、ひとつ飛ばした椎骨とを結ぶ長回旋筋がある。筋の大きさ・付着部からもわかるように、“脊柱の回旋に働く”というより“回旋を抑える”役割が大きいと思う。
そもそも大して動かない背骨を動かし過ぎる事が痛みの元。特に腰椎は関節面の制限があるので、回旋や側屈はほとんどできません。

関連