トリガーポイント – 手力整体的反射点一覧

整体に於いて、痛み(圧痛)を取る事は基本であり入り口だと思います。
手力整体という名前の由来にもなっている、二点同時刺激による痛みの除去方法を公開します。

  • 痛み・圧痛・コリなど症状が出ている側を圧痛点といいます。 圧痛点の症状を緩和させる側を反射点(トリガーポイント)といいます。
  • 二点同時刺激といっても圧痛点は手を触れているだけで、実際に刺激をしていくのは反射点側になります。
  • 正確に反射点を捉え、上手く刺激が出来れば20~30秒で痛みを和らげる事が出来ます。
  • 圧痛点がピンポイントなら、反射点もピンポイントになるため、正確な点を捉えるには熟練を要します。

実際に不詳伊藤が使っているものを公開しますが、刺激の仕方にコツがあります。
あなたが使って痛みを取る事が出来ないなどの不都合が生じたとしても、責任は負いかねますのでご了承下さい。