腰痛の85%は原因不明

病院で詳しく検査をしても、これといった原因が見付からない慢性の腰痛に対して下される診断名。
現在の西洋医学では実に85%もの腰痛がこれにあたります。

更に言えば、ヘルニアやすべり症など器質的変性をともなう急性の腰痛後、慢性腰痛に発展したものもここに入る。ヘルニアやすべり症、腰椎圧迫骨折などなどの器質的な変化は、あくまで『打った・切った』などと同様の急性痛が生じるが、その後に慢性痛が続いていたらそれは腰痛症だという事を忘れないように。

事故や怪我など、許容量を超えた力が腰に掛かって起こる急性腰痛を除いて、クシャミやちょっとした動作で急性痛を起こす場合は、軽度の腰痛症をほったらしていた代償であると言える。

腰痛症の原因その1 – 姿勢(肉体的ストレス)

腰痛の85%を占める腰痛症の、そのまた8割方を占めるのが姿勢の崩れからくるもの。すなわち慢性腰痛のほとんどはこれに当たると思います。

身体を支える為の体幹のインナーマッスルが弱い(使えない)とか、症状として現れない隠れたコリの所為で、重心のコントロールを司る骨盤の自由が利かないなどの理由で、重力に対して楽であるはずの姿勢を保つ事ができず、知らず知らずに腰近辺の筋肉のみで上体を支える事となり疲労物質、発痛物質が腰に停滞してしまうのが原因。

例外として、仕事でどうしても一定の姿勢を余儀なくされる場合や、大きなお腹を支えなければならない妊婦さんもこの姿勢性腰痛です。

改善策としては、重力と重心の関係を理解して、支点(立っている時は足裏、座っているときは坐骨)の真上に重心を置くように心がける事。重心を自在に操れるスムーズな骨盤を手に入れることだと思います。

腰痛症の原因その2 – 心因性ストレス

腰痛は厚生労働省の定める心因性疾患に数えられています。腰痛に限らず、痛みそのものが心因性によるものだという考えもあります。

現に、腰下肢の痺れと疼痛を繰り返していた私の知り合いは、私が見ていて『もうそろそろ腰に来ますよ』とわかるほど、明らかに心因性のストレスが腰で爆発していました。
『痛み』は『危険信号』なので、心が壊れる前に、肉体の一部が強く痛む事はなんら不思議ではありません。

有名な外科の先生に『単なる筋肉痛』と言われたとたん、長年苦しんだ腰下肢痛がぴたりと収まってしまった人もいます。これぞ名医。
画像診断に頼り『ココの骨がちょっとね・・・』などと診断されていたら、この人の腰下肢痛は治るどころか一生ものになっていたかもしれない。

言葉ひとつでも患者さんの身体に反射は起る。治るかどうかはその反射次第なのだから、医療に携わる人やセラピストは言葉や態度まで気を配る必要があります。