手に職つけて開業・副業。シンプルな理論で『アナタらしく』を応援する手力整体塾です

姿勢性腰痛

肉体的ストレスによる慢性腰痛

慢性腰痛の大半(85%)を占める腰痛症。そのまた大半を占めるのが姿勢性腰痛だと思います。

一定の姿勢を余儀なくされて起こる場合と、本来姿勢を維持する背骨近くのインナーマッスルが衰え、重力に対して適切な姿勢を保つ事ができず、腰周りのアウターマッスルに負担が集中している場合が多いように思います。
重心(丹田)をコントロールする骨盤の自由が利かず、腰周辺の筋肉に慢性的な偏った付加(肉体的ストレス)が掛かっている事も多いです。

痛みの部位と痛みの質によって大まかに2つに分けます。

筋・筋膜性腰痛

下背~腰、わりと広範囲に渡って重痛い(鈍痛)。負担が集中している部分に継続した筋肉疲労が起きている状態。押すと案外気持ち良い。

椎間関節性腰痛

痛い部分を指先で指し示せるような局所的な痛み。多くはL4、L5など下部の腰椎で起こる。
押すと痛い。
身体を捻ったり後ろに反らせると痛い。
椎体同士を繋ぐ小さな筋(インナーマッスル)に負担が掛かり、慢性の軽い炎症が起きている場合も。広い意味では腰部捻挫(ぎっくり腰)もここに入る。

姿勢が崩れる原因は、インナーマッスルの筋力低下(不随意筋化)と重心のズレによるものが多い。重心がちょっとずれると特定の筋肉に掛かる負担は掛け算で増えます

体幹トレーニングが必要なわけですが・・・・

体幹を鍛えると聞くと、多くの人が腹筋・背筋を鍛えるものと思っているようですがそうではありません。
サッカーのロナウド選手、長友選手、本田選手など“体幹が出来ている”と言われる人達の動きを見ればわかると思いますが、体幹(胴体部分)は動かさない、ブレない事が大切なのです。
いわゆる腹筋・背筋は胴体部分を動かす筋肉ですから、ここを鍛えて体幹がブレなくなるはずがありません。

ブレない、芯の通った体幹の為に必要なのは、目で見てわかる腹筋・背筋ではなく背骨近くにあるインナーマッスル。胴体を動かす筋ではなく、背骨を支える為の筋をちゃんと使えるようにトレーニングしておく事。背骨が余計な動きをしないように、四肢を柔軟かつパワフルにしておく事です。

ちなみに手力整体では、骨盤と腰椎の形から姿勢を4種類に分類してきましたが、近年は見た目、形にはこだわらないようになりました(個人差が大きいため)。動きから原因筋を探った方が、個人差に惑わされる事なく正確な判断が出来ると思います。

重心と重力

地球上に存在するもの全てと切っても切れないのが重力。
地球上の全てのものは、1Gという強力な力で地球の中心に向かって引っ張られています。
体重50kgというは1Gが掛かっている地球上での話で、もし地球上の重力が2Gになったら、その人の体重は100㎏になるわけです。
地球の重力が0.5Gになったらダイエット要らずですかね。

重力があるので全てのものには重心が存在します。重力を感じ取って、無意識に重心を決めていける物質に対して、形。姿勢が自由に変えられてしかも“意思”がある生き物の場合、自分で重力に対する重心の位置を自分でコントロールしなければなりません。

重心と支点

意思が無く形も固定されていれば支点と重心は勝手に重なってけしてbのようにはなりません。

 

横向きゼロ姿勢

地球の中心に向かって引っ張る重力。この線(重力垂線)上に、支点と重心(丹田)が重なっている状態が“自然”で肉体的に一番負担が少ない姿勢。身体中の筋肉をくまなく少しずつ使うので、特定の筋が痛む事が無く、代謝も高い立ち方です。

横姿勢後傾

猫背で腰が引けていると重心(丹田)は後方へずれる。ずれた重心は重力に引かれて、姿勢の崩れは加速していきます。
全ての年代で見れば、この姿勢で腰痛を訴える人が一番多いようです。常に背筋群だけで上体を支えているので、背中から腰にかけての広い面に痛みや不快感が出でます。筋力があるうちはまだ良いですが、背筋群が衰えてくると、支えきれずに筋自体が段々伸びてきてついには腰が曲がる事になります。
特にデスクワークや運転など、膝を曲げて椅子に座っているいる状態が長い人は、ハムストリング(モモ裏の筋肉)が縮こまり骨盤を後下方に引いてしまうのと相まって進行が早いようです。

横姿勢前傾

時代の流れなのか減ってきているように思いますが、ヒールの高い靴を履いている販売員さん(立ち仕事)の女性とか、性別に関係なくスポーツをバリバリやっている若い方などに見られる出っ尻パターン。前方にずれた重心(丹田)が重力に引かれるので、下部腰椎の椎間関節へ極端に偏った負担が掛かります。下部腰椎の鋭い痛みと合わせて、背中の痛みを訴える事も。

横姿勢後傾腰反り

急増中の姿勢。股関節の構造を利用してロックした状態で立てるので、使う筋肉がもの凄く少なくて済みます。つま先を内に向けた“内股”にすると股関節のロックはさらに強固になって使う筋はますます減ります。“立つ”という同じ行為を少ない筋でおこなうのだから、痛みが出るのは当然。代謝も下がるので良い姿勢の人に比べたら太りやすくなります。お腹にまったく力が入らないので、若くても下腹ポッコリです。
上の2つの特徴を併せ持っているので、痛みの出方や動作の不具合も両方の悪いところ取りです。

本当の敵は重力

姿勢の崩れが問題なのは重心がずれる事です。ずれた重心は重力にどんどん引かれて姿勢の崩れが加速します。地球上で暮らす限り重力との戦いが続いている事を忘れずに。
今、突然重力が3倍になっても生き残る自信ありますか?

お問い合わせ TEL 0466-44-9550 恐れ入りますがなるべくメールでお願いします。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

公式ブログ最近の投稿

手力整塾@からだ応援団

 

横浜・新横浜から乗り換え無し
〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-6-6
ニュー椿荘302
塾長:パンチ伊藤

誰かの1歩のために

 

1歩踏み出せば世界は変わると確信しています。知る事・繋ぐ事。恐怖が小さくなれば1歩が出せます。
難しそうに思える身体の事を、ベーシックなところで繋いでわかりやすく。
『もう少しだけ先へ』
全ては誰かの1歩のために。

 

手力整体塾塾長パンチ伊藤

PAGETOP
Copyright © 2006-2017 Tedikara Seitai School All Rights Reserved.