手に職つけて開業・副業。シンプルな理論で『アナタらしく』を応援する手力整体塾です

内臓疾患による腰痛

婦人科系・内科系の腰痛

細菌・腫瘍による腰痛と共に、整体の施術はおこなえないものとして掲載しておきます。

内臓疾患などから起こる慢性腰痛を、症候性腰痛症や2次性腰痛と呼びます。筋肉のコリではなく列記とした病変があるので、姿勢の変化による痛みの増減が無いのが特徴です。

婦人科系疾患

2次性腰痛で今1番多いのが婦人科系の病気からくる腰痛ではないでしょうか。
中でも子宮内膜症・子宮筋腫の疑いがある女性は非常に多いようで、生理中はもちろん、それ以外の時でも慢性の腰痛を訴える場合があります。
多くの場合は温存措置が取られるようですが、程度によっては手術が必要。生理痛があまりに酷いようなら、早めに婦人科へ。

婦人科系は他にも、卵巣腫瘍・ホルモンバランスの変化から起こる月経症候群や自律神経失調症・子宮の下垂なども腰痛を起こす原因になります。
主に腰の下の方、仙骨にかけて重痛い感じが多いようです。

内科系疾患

背中から腰にかけて激しい痛みの胆嚢炎、胆石、膵炎や胃潰瘍・腎盂腎炎なども激しい痛みを起こす。逆に慢性の胃炎や虫垂炎などは重痛い感じ(鈍痛)が続くようです。

腎臓・尿管・膀胱・前立腺といった泌尿器系疾患でも腰痛は起こります。
代表的なのは結石。
石が動いた時には疝痛(センツウ)と呼ばれる非常に激しい痛みが起ります。人間が感じる痛みの中で最強と言われています。
何度か体験している人は、予兆がわかるのだそうです。

 

結石ほど痛みが強ければ、間違えて整体を受けようとする人はいないと思いますが、慢性胃炎などで鈍痛が続いている場合は整体を選択する方もいらっしゃいます。
整体師は適切な医療機関受療の遅延防止に勤めなくてはなりませんから、姿勢による痛みの増減が無い場合、日に日に痛みが増しているような場合は、施術を一旦お断りをして、適切な医療機関で精査を受けて頂けるようお願いする事を守りましょう。

お問い合わせ TEL 0466-44-9550 恐れ入りますがなるべくメールでお願いします。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

公式ブログ最近の投稿

手力整塾@からだ応援団

 

横浜・新横浜から乗り換え無し
〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-6-6
ニュー椿荘302
塾長:パンチ伊藤

誰かの1歩のために

 

1歩踏み出せば世界は変わると確信しています。知る事・繋ぐ事。恐怖が小さくなれば1歩が出せます。
難しそうに思える身体の事を、ベーシックなところで繋いでわかりやすく。
『もう少しだけ先へ』
全ては誰かの1歩のために。

 

手力整体塾塾長パンチ伊藤

PAGETOP
Copyright © 2006-2017 Tedikara Seitai School All Rights Reserved.