肩甲挙筋

 

起始
第1~4の頚椎の横突起
停止
肩甲骨上角と肩甲骨内側縁上部
神経支配
肩甲背神経(C3,4,5)
作用
肩甲骨の挙上、下方回旋(下角の内転
僧帽筋とならび肩こりを感じる代表の筋。ただしこちらは実際に原因となっている事も多いので、姿勢判断と動診で施術対象かどうか見極めたい。通常の筋は近位に起始、遠位に停止だがこの筋では逆になっている事に注目。