上双子筋

起始
坐骨(坐骨棘、小坐骨切痕)
停止
大腿骨大転子
神経支配
仙骨神経叢枝(L4・5~S1)
上双子筋の作用
股関節の外旋
梨状筋・大腿方形筋・外閉鎖筋・内閉鎖筋・上双子筋・下双子筋を合わせて深層外旋六筋と呼ばれる(一覧はこちら)。側臥位などで股関節を屈曲・内転位にすると触れる。それぞれの筋を認識することは困難ですが大転子の周りを半円状に圧する事で全ての外旋筋が触れます。