仙骨は5つの仙椎とそれらの間にある椎間円盤からなる。概ね20歳前後には融合してひとつの仙骨となる(尾骨も同様)。
男性の仙骨は比較的長く彎曲が強いのに対して、女性のそれは比較的短く幅広で彎曲は弱い。

仙骨 上から見たところ。

仙骨

後ろから見ると融合してひとつの仙骨になっているのがわかる。
仙骨には4対の仙骨孔があって、椎間孔と同じように脊髄神経の通り道になっている。

横には腸骨(ちょうこつ)との関節結合部、耳状面(じじょうめん)がある。(仙腸関節せんちょうかんせつ)

仙骨に寛骨という大きな扁平骨が付いて骨盤を形成する。

kankotu

内側から見た右の寛骨(かんこつ)。
腸骨、恥骨、坐骨の3つの骨からなり概ね20歳前後で融合する。

骨盤

左前から見た右の骨盤帯。
仙骨の耳状面と腸骨で仙腸関節と呼ばれる半関節を形成している。

左右の寛骨同士も、恥骨結合で半関節を形成する。

 

*半関節
他の関節と違い関節液で満たされた関節包をもたず、よって関節としての“動く”という働きがほとんど無い関節の事。