骨盤

下部の腰椎と仙骨、左右の寛骨と仙骨が強靭な靭帯で固定され骨盤帯を形成している。
伸び縮みする筋肉や腱と違い、靭帯は伸びたら戻らないと言われている。固定に用いるロープ。それが靭帯。

股関節

斜め前方に開いた寛骨臼という穴に、大腿骨の骨頭が納まり股関節を形成している。

ここも靭帯でしっかり固定されている。
『肩の脱臼』は良く聞くが『股関節の脱臼』は先天的なものを除いてあまり聞かない。
同じ臼関節でもその深さが違う事もさることながら、靭帯での固定具合も随分違う。(肩関節はこちら>>>

より動きやすくしたいところ。より強靭にしたいところ。ちゃんとそうなっているから身体は素晴らしい。

上の図、直立した状態で(股関節0度)靭帯が捻じれた感じになっている事に注目して欲しい。