歩き方・走り方の疑問は【解剖生理】で解消。流行り廃りに流されない軸を育てよう

歩き方・走り方の疑問は【解剖生理】で解消。流行り廃りに流されない軸を育てよう

歩き方を誰かに習うことはまずありません。走り方にしても余程のランナー以外まず習わないでしょう。で、結構な歳になってからわからなくなってしまう人は案外多いようで、「歩き方 わからない」などのキーワードで当ブログにたどり着く方が結構いらっしゃいます。

整体師自らが特定のスポーツに傾倒している場合を除き、整体院にやってくるお客さんの多くは『立つ・歩く・座る・寝る』という“日常”で身体を痛めている事が大半です。な・の・で、腰痛の治し方や肩こり解消法などを学ぶよりなにより、物理的に無理のない『立ち方・...

普遍的な正解があるわけじゃないので具合悪くなければぶっちゃけ何でも良いのですが、もし痛みが出ているとか出そうな気がしているなら解剖生理を知ると良いですよっていうお話です。

歩き方・走り方を調べる前に【解剖生理】

解剖生理を知れば歩き方・走り方がわかる

学校の理科室にはきっと人体模型があったはずですが、興味を持って穴が空くほど見た人は多分あんまりいないと思います。

しかも理科室にある人体模型は何故か内蔵丸出しのキュン様で、骨格模型のゴスは居なかったのではないかと記憶しております。
(あ、キュン様とゴスは放課後ミッドナイターズのキャラね。今はあるのかな?骨格模型。)

内蔵丸出しの人体模型を見せられても、イマイチ実感わかないので興味を持てないわけですが、骨格標本なら自分の体と触り比べたり動かしたりしてみて興味を持てると思うので、理科室には是非ゴスを一体置いていただきたい。
そうすれば自分の骨格がどうなっていてどこが動くのか当たり前の知識として知ることができると思います。

情報社会の今はその気さえあればほとんど何でも手に入るので、歩き方・走り方だけじゃなく、身体の使い方で疑問があるなら骨格標本を手に入れるとかなり為になります。

1/4モデルなら邪魔にもならないでしょう。

歩き方・走り方はもとより、身体の使いたが知りたければ兎にも角にもまず骨格。身体の芯を知ることが重要です。
肩甲骨や骨盤の形なんて見れば見るほど面白いし、【カカトって意外に出っ張る】なんてことに気づいたら、アナタの観察力はかなり凄いと思います。

骨格をイメージできたら次は筋肉

骨のない軟体動物は存在しますが筋肉のない動物は存在しません。筋肉だけでも身体は動かせるけど骨だけじゃ動かない。静止している時の身体(姿勢)を知りたいなら骨格を知れば良いけれど、身体の動かし方を知りたいなら筋肉を知りましょう。

筋肉を知るならおすすめはアプリです。本と違って3Dでグリグリ動かせるのでかなり鮮明にイメージできます。アプリなら骨格も見られて一石二鳥。

アンドロイドはこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.visiblebody.musclepremium&hl=ja
iPhoneはこちら
https://apps.apple.com/jp/app/teamlabbody-3d-motion-human-anatomy/id593042008?ign-mpt=uo%3D4

どこにどんな筋肉があって短縮するとどの関節がどう動かくのか。筋肉を知るとはそういうことです。

筋トレブームに乗じて知識の無いにわかトレーナーが目立ちます。危なかっ敷くて見てられません。

重力を加味してモーメントを見る

『●●筋はどの骨のどこから始まってどの骨のどこに終わる。よってこの筋が縮むと○○関節がこううごく。』アプリでも参考書でも筋肉の解説はそんな風になっていますが、ちょっと厄介になってくるのが重力の存在。
関節の動きは同じでもいつも同じ筋肉が使われるとは限らないので、単純に覚えただけじゃあんまり使い物になりません。

見えない重力を見てその都度力の方向を考えなきゃならない。『感覚』に頼ったら尚更複雑になってしまうので注意が必要です。

試しに軽くスクワットしてみてください。収縮している筋肉を的確に指させる人はほとんどいません。

スクワットの正しいやり方として『膝小僧が爪先より前に出ないように』とは良く言われますが“何故”そうなのか知っている人は少ないと思います。答えはココにあります!

最終的に連動を知る

特定の筋肉が単体で働くことはまずありません。
主働筋・共同筋・中立筋・固定筋など、思わぬところで思わぬ連動が起きているのが身体。 『全ての筋はすべての動作に作用する』といっても過言じゃないのです。

連動もまた感覚だけでは把握できません。人間の脳は意外と不器用で、1度に意識できるのは1箇所だけですからね。

連動を知るには、PNFとかアナトミートレインです。

アナトミートレインは筋膜の走行から、PNFは当たり前な動きから、連動する筋肉を知ることが出来ます。

んが、この手の本は結構お高いしあんまり面白くもないので、いろんなスポーツを自分でやったり見たりすれば良いと思います。動作の共通点が見えてくれば十分です。

解剖生理に流行り廃りは関係ない

フォアフット走法とかナンバ走りとか、人間の形も仕組みも対して変わっていないのに歩き方・走り方に流行り廃りがあります。調べたり習ったりしたら流れに巻き込まれるのオチなのです。

当たり前の解剖生理と物理には流行りも廃りもありません。歩き方・走り方を知りたい方はもちろん、身体にまつわる事に興味があるなら、ベーシックな解剖生理と物理を軸に据えるのが◎です!

*塾生・卒業生へ。11/10(日)、お山へ行きましょう。追ってメールします。

無料体験受付中

身体を知り動きを知れば自分の身体がどんどん変わる。だから自然と誰かに教えたくなる。そんな手力整体です。

伝えたいのは痛みのとり方ではなく、身体の凄さ、整体の面白さ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください