出産で骨盤は開くのか?その瞬間より妊娠中の大きなお腹をどう支えるかが重要!

産後1年のママさんが入塾したとあって、骨盤について話す機会が多くなりそうな手力整体塾です。骨盤だけ特別扱いはしたくないのが本意ですがね。

恥骨結合は開く場合もある

入塾したてでも『骨盤』というワードにはやっぱり敏感なママさん。ママ友の間でも未だ根強い人気みたいです。関心事は『出産で骨盤は開くのか』『もし開くならどうやって戻すのか』。

赤ちゃんが大きくなりすぎた場合など、出産時に恥骨結合が開く【恥骨結合離開】が生じる事もあるようですが少数派です。恥骨結合が離開したらいわば骨折みたいなものですからとてつもない痛みを伴いすぐにそれだと分かるはず。万が一本当に開いたら骨折同様固定して安静にするしかすべはありません。

今や一般名詞になった骨盤矯正。何処のどなたが言い出しのか知りませんけれど、この言葉のおかげで整体のニーズが大幅に広がったのは間違いありません。感謝々。近頃は産後に骨盤矯正するのがまるで当たり前の常識みたいになっていますが、果たして骨盤矯正ってどこ...

恥骨・坐骨・腸骨からなる左右の寛骨が仙腸関節で仙骨と繋がりいわゆる骨盤を形成していますが、関節軟骨も関節包も無い仙腸関節が動くとは考えられません。こちらも動いたら骨折レベルです。(骨盤の解剖はこちら>>>

骨盤が開く?

仙腸関節が開いたりズレたりすることはないのでご安心を。靭帯でガンジガラメな仙腸関節は蝶番のようにほんの少しだけ動いて、結果前側にある恥骨結合が少々開く事はあるようです。
大きなお腹を抱えている期間にジワジワと圧力がかかる場合もあるようで、『恥骨が痛い』と訴える妊婦さんがちょくちょくいらっしゃいますね。

お腹が大きくなって腹筋群が引き伸ばされ⇒重くなって骨盤底筋群にストレスが掛かる⇒赤ちゃんが産道を通る時に骨盤底筋群が伸ばされる⇒仙腸関節が蝶番のように少しだけ動く。結果、恥骨結合と左右の出っ張った腰骨(上前腸骨棘ASIS)がほんの少し開く事はあるようです。

カカトを着いて立ち、手を使って物を食べる哺乳類には鎖骨があります。私達と同じように鎖骨があるハムスターは、出産時に恥骨が開く事が確認されています。鎖骨がない動物達の恥骨が出産時にどうなるのか知りませんが気になりますね。鎖骨と恥骨は不思議な関係で結ばれているのです。

肝は骨盤底筋群、腹横筋、腹斜筋

もし産後にも恥骨の痛みがあるようなら、ベルトで固定しつつ、骨盤底筋と腹筋(腹横筋内腹斜筋)の締め直しが必要。痛みが無くてもこの筋は引き伸ばされてしまっているので締めなおすと良いです。

良くみる腹筋運動(腹直筋)は必要ありません。腹を引っ込めて姿勢を維持するようなエクササイズがお勧めです(ドローインとかプランクとかロングブレスなんちゃらみたいなやつです)。お腹側で左右の骨盤を繋いでいるのは腹横筋と腹斜筋だけ!ですからね。

腹横筋&内腹斜筋

腹横筋エクササイズ

そこは骨盤じゃありません

そもそも『出産後に骨盤が開いたような気がする』と仰るママさん達が何処を気にしているのか確認してみると、大抵の方が指を刺すのはココです。

大転子

そこは何処かっていうと・・・・

大転子

股関節の目安になる大転子、大腿骨の出っ張りです。つまり骨盤じゃありません。ココが広がった感じがするのは、お腹が大きい期間の立ち方・身体の使い方の所為。
大きなお腹を支えるために仰け反るような姿勢をとると、股関節は内旋しやすいのです。(内股になりやすい)

内股で広がるお尻

妊娠出産に関係なく、つま先を内向き(内股)にしていたら大転子は出っ張ります。お尻もだらしなく開いてドンドンたるむのであります。

出産の所為じゃなく身体の使い方に問題

一部のイレギュラーを除いて、私達の身体が聖なる営みで壊れるような設計になっているはずありません。骨折に負けず劣らずの激しい痛みを感じないなら、アナタの骨盤は開いていません。

出産の所為にしたらつまり赤ちゃんの所為。そんなの悲しいです。
産後は骨盤矯正のチャンスではなく、身体の使い方を正すチャンスなのです。

フォローして更新を見逃さない!

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
12周年を迎えた小さな整体スクール手力整体塾を主宰しています、からだ応援団団長の釣りバカ整体師です。好きなこと得意なことに整体の知恵と技をプラス、個性を活かした働き方を提案しています。

遊びの重要性を説く伝道師になる

アソビがあれば簡単には壊れない。コレ、万物共通の真理。

『遊びあるからだ、遊びある人生』の伝道師になりたい方を募集中です。