出産で骨盤は開くのか?その瞬間より妊娠中の大きなお腹をどう支えるかが重要!

産後1年のママさんが入塾したとあって、骨盤について話す機会が多くなりそうな手力整体塾です。O脚・骨盤セミナーと謳って講座を開催していますが、検索ニーズに合わせているだけの事。骨盤だけ特別扱いはしたくないのが本意ですがね。

入塾したてでも『骨盤』というワードにはやっぱり敏感なママさん。ママ友の間でも未だ根強い人気みたいです。関心事は『出産で骨盤は開くのか』『もし開くならどうやって戻すのか』。
ぶっちゃけ、出産時に骨盤が開くという研究結果や信用できる文献はありませんし、産婦人科医さん達の多くが『開かない』と仰っています。もちろん例外はあるのでしょうが、開いたとしても恥骨結合が数ミリ程度なのではないでしょうか。

注意!骨盤という関節はありません。じゃあ歪むのはどこか?というはなし
今や一般名詞になった骨盤矯正。何処のどなたが言い出しのか知りませんけれど、この言葉のおかげで整体のニーズが大幅に広がったのは間違いありません。感謝々。産後に骨盤矯正するのはまるで当たり前の常識みたいになっていますが、果たして骨盤矯正ってどこをどう...

恥骨・坐骨・腸骨からなる左右の寛骨が仙腸関節で仙骨と繋がりいわゆる骨盤を形成していますが、関節軟骨も関節包も無い仙腸関節が動くとは考えられません。(骨盤の解剖はこちら>>>

骨盤が開く?

こんな風にはならないのでご安心を。靭帯でガンジガラメな仙腸関節は蝶番のようにほんの少しだけ動くと思われ、結果前側にある恥骨結合が数ミリ開く事はあるようです。が、出産の瞬間にというよりは、大きなお腹を抱えている期間にジワジワ起る事だと思います。『恥骨が痛い』と訴える妊婦さんがちょくちょくいらっしゃいますしね。

お腹が大きくなって腹筋群が引き伸ばされる。重くなって骨盤底筋群にストレスが掛かる。赤ちゃんが産道を通る時に骨盤底筋群が伸ばされる。結果仙腸関節が蝶番のように少しだけ動く(開く)。結果、恥骨結合と左右の出っ張った腰骨(上前腸骨棘ASIS)が数ミリ開くだけでしょう。

カカトを着いて立ち、手を使って物を食べる哺乳類には鎖骨があります。私達と同じように鎖骨があるハムスターは、出産時に恥骨が開く事が確認されています。鎖骨がない動物達の恥骨が出産時にどうなるのか知りませんが気になりますね。鎖骨と恥骨は不思議な関係で結ばれています。

もし産後にも恥骨の痛みがあるようなら、骨盤底筋と腹筋・・・腹横筋内腹斜筋の締め直しが必要。痛みが無くてもこの筋は引き伸ばされてしまっているので締めなおすと良いです。良くみる腹筋運動(腹直筋)は必要ありません。腹を引っ込めて姿勢を維持するようなエクササイズがお勧め(ドローイン。ロングブレスなんちゃらみたいなやつです)。お腹側で左右のASISを繋いでいるのは腹横筋と腹斜筋だけ!ですからね。

腹横筋&内腹斜筋

腹横筋エクササイズ

そもそも、『出産後に骨盤が開いたような気がする』と仰るママさん達が何処を気にしているのか確認してみると、大抵の方が指を刺すのはココです。

大転子

そこは何処かっていうと・・・・

大転子

股関節の目安になる大転子、大腿骨の出っ張りです。つまり骨盤じゃありません。ココが広がった感じがするのは、お腹が大きい期間の立ち方・身体の使い方の所為。
大きなお腹を支えるために仰け反るような姿勢をとると、股関節は内旋しやすいのです。(内股になりやすい)

内股で広がるお尻

妊娠出産に関係なく、つま先を内向き(内股)にしていたら大転子は出っ張ります。お尻もだらしなく開いてドンドンたるむのであります。

大体、私達の身体が聖なる営みで壊れるような設計になっているはずありませんて。赤ちゃんの所為にするのはやめましょうね。

産後は骨盤矯正のチャンスではなく、身体の使い方を正すチャンスなのです。

遊べる身体で人生を遊ぶ

遊びがあれば壊れない。コレ、万物共通の真理。
身体と人生にアソビを提案する整体師を育成する手力整体塾です。

まずは無料の授業体験。