身体をひとつにして施術をすること

手力整体の特徴のひとつ『疲れない施術』。
それでいて深くまでじんわり入る“良い圧”を効かせる為には、指先から足先までをひとつにまとめて身体を使う必要があります。

『先生の圧は何か違う』そう気付いたのは第一期生の塾生。それから何がどう違うのか分析しはじめて辿り着いたのが今のスタイル。正直なぜなのかは未だ分かりませんが、手を“手”だけで使っていたら、どれだけ頑張っても軽々しいのに痛いだけで全然効きません。

施術して疲れては駄目。ましてや整体師が整体して腰痛になるなんてまったく笑えません。
身体を痛めるのはいつでも“偏った負担”です。600余り有る筋肉のうち30しか使わずに同じ動きをしていたら痛みが出てくるのは当たり前。『指先から足先までをひとつにまとめて施術をする』というのは身体中の筋肉を総動員するという事に繋がります。使う筋肉が多ければ多いほど負担は分散されるので、痛みが出にくくなるばかりか代謝も良くなります。(あ、つまり肉体的に痛みが出やすい人は太りやすい人でもあるわけだ)

身体をひとつに

『身体中の筋肉を使う』とか『身体をひとつにして使う』などと言われるとなんだか難しそうですが、あちこちに分散している重心を下腹(丹田)に寄せ集めるようにすると上手くいきます。肩から指先までは出来る限り何もしないのが理想。上げず下げず押さず引かず、空間に置いておくだけが理想です。

体重を掛けたり腕力に頼ると浅く尖った圧しか入らない。
身体をひとつにしてつかうと深く丸い圧が入る。
何故かはわかりませんけれど、大昔から武道の世界で伝えられてきた事と一致するのかもしれません。

 

DSC05025

整体師として生きていくなら身体をひとつにする練習は欠かせません。しかもこれ、施術をすると術者の調子も良くなるというおまけ付です。

無料体験受付中

ベーシックな解剖と物理を繋いだ理論。確かな技術。
自分の身体がドンドン変わるから自然と誰かに伝えたくなる手力整体。

マーケティングの根幹をなす自己分析もコミコミ。強みを活かして素のまま誰かの役に立つ働き方を手に入れましょう。