ベッドでの整体施術

整体の学校手力整体塾では、座揉みと呼ばれる床+マットでのでの施術練習が通常となっています。
伊藤が訪問というスタイルにこだわっているからというのもありますが、このスタイルの方が身体の使い方を習得しやすいからというのが一番の理由です。

ベッドを用いて立って施術をする時は使う関節が増えます。つまりそれだけ難しくなるとい事です。赤ちゃんだって先ずは座る。ちゃんと座れない人がちゃんと立てるはずがありません。

座揉みで身体の使い方をマスターするれば、ベッドへのスタイル変更はわりと簡単。逆はなぜか難しいです。(ベッドでしっかりした施術が出来ている人は問題ないのかもしれません)どちらにしても上半身を前後に動かして体重をかけるような事は×。重心(丹田)をコントロールしてテコを使うのがコツです。
この身体の使い方は、完治を目指すお客さんにも伝えたいことなので、しっかりマスターしていただきます。

ベッドでの施術

春頃卒業予定の2人がベッドでの施術練習に挑みました。開業しないでどこかに勤める(もったいない!)となれば、ベッドを使うところがほとんどですからね。座揉みで出来るようになった事をベッドへ変換していきます。体重を掛けるのではなく重心を抜く。四頭筋はパンパンになりますが、腰や頚、ましてや指など痛めるようなことはありません。

フォローして更新を見逃さない!

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
12周年を迎えた小さな整体スクール手力整体塾を主宰しています、からだ応援団団長の釣りバカ整体師です。好きなこと得意なことに整体の知恵と技をプラス、個性を活かした働き方を提案しています。

遊びがあれば壊れない

柔軟な思考を生む『遊び心』は遊べる身体に宿ります。
好きなことを明確にして、遊ぶように学び、遊ぶように働ける人が育つ手力整体塾です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください