肩こりも膝痛も腰痛の施術ができてこそ

近頃は痛みを対象としていない整体院も増えてきましたが、代表的な対象はやっぱり腰痛・肩こり・背部痛・膝痛だと思います。お医者さんが痛みの勉強をしていない現状では、筋肉に特化した整体院こそ最後の手段、駆け込み寺ですからね。
これらの施術ができないのに、美と健康をうたったり、骨盤・O脚矯正やダイエット、アトピーやらなんやらを掲げるなんて時期尚早。痛みの緩和という整体師のファーストミッションをちゃんとクリアしましょう。

どんな痛みもとにかく腰周り(腰痛)の考察・施術ができてからになります。“ニクヅキ”に“カナメ”と書いて腰。ニクヅキは身体の事ですから身体のカナメはやっぱり腰なのです。

頚肩コリ

頚肩コリ、頭痛持ち。アゴが出るような姿勢としている人のトリガーポイントを不活性化できれば、とりあえず痛みを取る事はできます。んが、再発防止に頭(アゴ)の位置だけ戻そうとしたって戻るはずありません。

膝痛連動

膝など下肢痛。膝が単体で動く事などほとんどなく、脚がどこから始まっているか考えれば当然腰がカナメだと気づきます。

人体最大の重心、臍下丹田があるのが腰。ここを自由自在にする事が再発防止を含む機能回復への幕開けになります。
ちなみに、慢性的な腰痛の場合座位での検査で胸腰部の動作痛が出ることはほとんどありません。腰が施術のカナメですが腰そのものへの施術はほとんど必要ありません。ちょっとややこしいかな(笑)

姿勢性腰痛

慢性的な腰痛の実に85%もが原因不明と言われています。医療の世界に筋肉の概念が無いので当然と言えば当然。85%は筋肉由来の痛みであることの証明みたいなものです。筋筋膜性疼痛症候群(MPS)、ひらたく言えば筋肉の酸欠、コリですコリ。
何度も々しょっちゅう々、似たようなところが酸欠になる慢性的な腰痛85%の内、大半を占めるのが姿勢性腰痛と呼ばれるもの。(無料テキストにまとめてあるので参考にしてみて下さい>>>姿勢性腰痛)。
塾生諸君は読んだだけで満足しないように。自分の体験経験を照らし合わせて自分の言葉で文章にしましょう。

無料体験受付中

ベーシックな解剖と物理を繋いだ理論。確かな技術。
自分の身体がドンドン変わるから自然と誰かに伝えたくなる手力整体。

マーケティングの根幹をなす自己分析もコミコミ。強みを活かして素のまま誰かの役に立つ働き方を手に入れましょう。