犬・動物関連の資格が抱える問題と犬の整体のこれから

日程の関係で7期に追い越された第6期ですが、先日無事修了を迎えました。
グルーミングサロンのお店をやっている方、獣医さんで働いている方。とても熱心で感も良いお二人なので、それぞれの現場で有効活用してくれることと思います。

犬の整体養成講座
人向けの整体学校が犬の整体師養成講座をはじめて早1年。
実際に開講してみてわかった犬向けセラピスト・療法家の現状とこれからをまとめてみました。

犬の整体“だけ”の人は居ません

トリマーさん、ペットホテル、トレーナーさん、グルーミング(トリミング含む美容全般)サロン、保護犬預かり所e.t.c.。
手力整体塾で犬の整体師認定を受けた方々をみると、やはり既に犬に関わるお仕事をされている人がほとんどです。残念がら『犬の整体承ります』だけでは正直ちょっと厳しいのが現実かもしれません。

人間向けの整体を既に行っていて、新たなサービスとして犬の整体を導入しようとする人も今のところいらっしゃいません。前例がほとんどありませんから致し方ないかもしれませんが。

講師を努めてくれている小林は手力整体塾で人間向けの整体を学んで、妊婦さんや小さなお子様を抱えるお母さんを相手に今も施術をする正真正銘の整体師。小林以外にも、手力卒の方では数名犬の施術をおこなっています。前例があまり無いというだけの事で、ゆくゆくは人向けの整体をおこなっている人が犬も触る。そんな風になっても良いのではないかと思います。

犬の整体

犬・動物関連の国家資格は獣医さんだけ

ちなみに、犬に関わる資格の大半は整体同様の民間資格。
トリマーもトレーナーも近年現れてきた理学療法士(PT)も作業療法士(OT)も、動物相手だと国家資格ではありません。動物関連で国家資格なのは獣医さんだけです。
正直、民間資格なのに数百万も掛けるのはいかがなものかと思います。しかも就職口はほとんど無く、人間の整体同様開業しなきゃ意味がありません。

ぶっちゃけ、動物病院以外の動物関連事業で開業をするのに必要な資格は有って無いようなもの。必要なのは各自治体が管轄する動物取扱責任者の資格と動物取扱業の登録申請だけです。

業務そのものに必要なのは、知恵と経験と度胸と根性。整体はじめイラストレーターやコピーライター、カウンセラーなどなど他の民間資格と同様、【出来るかどうか】だけが問題です。

犬は喋らない。観察力が全て

手力整体塾は犬も人も徹底的に動きと姿勢を観察をします。身体の声を直接聴くので、あるいみ喋らない方がありがたいくらいです。症状を訴えなければ【本当のコリが隠れる】なんて面倒なことも起こりませんからね。

喋らないのを良い事に一方的な施術になりがちな動物相手ですが、手力整体塾では筋肉の生理と自然の摂理に則り、現象に繋がる本質までを考えた意味のある施術を、人間相手にしっかり練習します。

人間が練習台
『あ~、そこそこ』とか『そこ痛いっ!なにそれ』とか『全然入ってないすけど』とか言ってくれませんからね。お犬様。

人間のために動物が実験台になるのではなく、犬のために人間が実験台になる。『犬も家族』と言うくらいなら当然のことだと思います。

人間のお医者さんが犬を診察・治療するようになったら、それでも愛犬を動物病院に連れて行きますか?もし選択できるとしたら厚生労働省管轄の人の病院と農林水産省管轄動物病院、どちらを選ぶでしょうか?

各種療法、セラピーも然り。犬も家族と言うからには、筋骨格系のプロ整体師を選んで欲しいと思います。

まとめ

動物相手の公的な資格は獣医さんだけ。それ以外は全て民間の資格。何の効力もないという事実を知っておきましょう。

実際犬の整体だけではちょっと厳しいけれど、関連施設で半年以上働いて動物取扱責任者の資格さえ取れば、あとはやれることを総動員して思うがまま。犬など動物相手にお仕事したいなら習うより慣れろ!って事です。あ、筋肉に慣れるならまずは人間相手が必要です。

フォローして更新を見逃さない!

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
12周年を迎えた小さな整体スクール手力整体塾を主宰しています、からだ応援団団長の釣りバカ整体師です。好きなこと得意なことに整体の知恵と技をプラス、個性を活かした働き方を提案しています。

遊ぶように学び、遊ぶように働く

面白いことなら誰でもできる!
好きなことを軸に、遊ぶように学び遊ぶように働く方法を手に入れましょう。遊びはすべてを救います!