整体師認定と見学者さんの感想

2008年秋生はいよいよ大詰めを迎えています。
今週はひとりひとり いとうのからだを触っていただきました。

少し癖に手こずりましたが、2度目の挑戦でめでたく認定となったYさん。
身に付いていた手技を一掃するのは大変な事だったと思います。
女性陣にかこまれ、クールな印象のYさんですが、その覚悟と信念は一番アツイようです。

来月から受講予定の方が土曜日の授業に参加してくれました。
感想をいただいたので了解のもと公開します。
ありがとうございます。

////お試し参加の感想/////////////////////////////////////////

今日は、ありがとうございました。

塾生の方々には、初対面にもかかわらず暖かく迎えていただき、
からだも心も気持ち良く見学することができました。

ただ、私は大変気持ち良かったのですが、
塾生の方々には私の体で役に立ったのでしょうか?
塾生の方々が一生懸命に施術に取り組む姿を見て、
私も「施術をしたい」という衝動に駆られました。

授業は穏やかな中にも程よい緊張感があり、
とても好感がもてました。
そして私が手力整体塾を選んだ一番の理由である、
少人数制の授業・・・いつでも手の届くところに先生がいることは、
授業を受ける者にとって、
こんなに心強いものはないと見学して改めて感じました。

(横須賀市 男性 高橋さん)
//////お試し参加の感想///////////////////////////////////////

 

わたし根本がネガティブです

>小さい事で良いから出来た事を自分自身できちんと評価してあげる。

こんな事を考えるようになったのは、わたし自信の根本がネガティブだからです。

しかもその根は相当に深い。ちょっと油断するとすぐに批評や批判をしてしまいがち。だからこの文章は自戒の念を込めて書きます。

駄目なものをダメと言うのは簡単。
批評や批判をしていると何故か人も集まってきます。
だからちょっとだけ気持ち良くて勘違いしてしまいがち。
その集まりで自分のステージが低い事に気付きません。

その反対側、褒めるのが上手な人のところにも人は集まります。
この集まりは皆で褒め合っているのだから相当気持ち良い。
しかも中心人物のステージは一番高い。

『駄目』と言う前に『良い』さがす。
意味は同じでも言葉を置き換える。
遅れて『ごめんなさい』より待ててくれて『ありがとう』

とにもかくにもネガティブワードを排除する。
そんな事を考えている私は、やっぱり相当ネガティブなわけだけれど、少しずつ反対側へ来れている気がします。みんなでポジティブに楽しくいきたいもんね。

ファイル 106-1.jpg

良い天気が続いてジットしていられません。
風が強かったので出艇はあきらめましたが、隠れ家で工作。久しぶりに仕事を忘れました。

 

評価されなきゃやってられない

WEBサイトでの集客が中々上手くいかず、暇で暇でしょうがなかった時、それはもう自暴自棄になって腐っていたわけです。

ソフトと格闘しデザインも勉強し文章も何度も何度も書き直し、それでも電話は鳴らない。
ダメだなぁオレ・・・・。

でもやったらやっただけ、少しずつだけれど新しい事が出来るようになってきた。
『おっ!やったー出来た!』『オレってすげー』
そんなちっちゃい評価を自分自身にしてきたお陰で今があると思います。

この場合最大の評価は新規さんからの電話ですが、そう簡単に電話が鳴るわけはないので、別の評価が必要だったわけです。

整体の手技に置き換えましょう。

施術をして頂戴するわかりやすい評価は料金です。
自分の手だけで稼いだお金は、何物にも変えがたい最大級の評価でしょう。

残念な事に練習台の身体でいくら練習を積んでも与えられません。

早い段階から料金をいただいて施術している人が、圧倒的なスピードで上手くなっていく理由はここにあります。

  • お金という明確な評価が与えられる
  • それをいただく事によるプレッシャー

強くなりたければ戦場で実践を積むのが1番。

しかし怖い。
戦場に繰り出す勇気が中々もてない。
一か八かで行くのか・・・・・。

いやいや、一か八かで行ったらお客様に失礼です。

自分自身でちっちゃい評価を繰り返して自信と勇気を持つこと。

小さなことで良いから出来た事をきちんと評価してあげる。
出来ない事に悪い評価をしてしまう癖がある人は、そんな暇が無いくらい小さい『出来た』を沢山やる。

塾生にブログを勧めるのもそんな理由。

自分で自分を評価するのにブログはわかりやすい。何件書いた、何年書いたが一目でわかるし、たまに読み返してみて『おっ良いこと書けてるな』とか。アクセス解析を見ればれば客観的な評価もわかりますしね。

結局のところ、自分は自分だけれど自分じゃない。
自分という子供を上手に育てないとね。
あ~むずかしい。。。

 

ビックリ整体再び

実際に施術を受けてみたいという方がいらしたので、塾生にお任せしてみました。
(実はこれ、凄く勇気のいることだったりして・・・)

その間私は隣りで塾生の施術を受けていましたが、しっかり歓喜の声が上がっていたので上手くいったようです。
施術をしたHさん、サポートしていただいたYさん、ありがとうございました。

○『わぁ凄いですね』
●『ね!すごいですね』

身体の変化を一緒に喜べる整体って、やっぱり楽しいですね。

そんな手力整体塾の4月生(マーケティング先攻)を募集中です。
2009年から新たに、認定までの猶予期間を最高12ヶ月までと定めました。勿論最短(6ヶ月)での認定を目指して頑張ってもらいますが、半端な状態で送り出す事は絶対にしません。そのために『最長12ヶ月』の猶予期間を定めました。

卒業後の1年間無償サポート(手技&マーケティング)と合わせると、なんと最長2年間のお付き合いです。(これで終わるはずないけど)
そこで、大変心苦しいのですが値上げを考えています。期間は倍になりますが、頑張って数万円の値上げにとどめます。

今年2009年はシステムだけ導入し、値上げは2010年からです。