繋げる作業をしなくちゃ整体の勉強は苦痛です

いつだかの所さんの名言『面白いってヤツは何をやっても面白い。つまらないって言うヤツは何をやってもどんだけ金を掛けてもつまらない』

 

施術をおこなう際の余計な力を抜くためと、適切な指導を行なう為、施術の練習前に皆でストレッチをするのが恒例となっています。
この度完成させたセルフケアの処方箋には数々のストレッチと合わせて、伊藤お得意のスタビライゼーションも掲載しているので、ストレッチプラスαでスタビライゼーションの指導も練習することになりました。注意点はアライメント。特に頭・腹・足首です。

スタビライゼーション

と、その前に。
ストレッチの必要性。スタビライゼーションの狙い。ストレッチが先か?スタビが先か?などなど。文章にしておくことがとても重要です。試しに聞いてみましたが、ひとつひとつ質問すれば答えられましたね。つまり既に知識は持っている。だけど喋れない・伝えられない。それはひとえに繋げて文章にしていないから

知識を入れる・覚えるだけだから勉強がつまらない。
繋げていく最中に気付き閃きがあるから楽しいのです。やる事やらないでツマラナイとか言わないように。
いつでも講師役ができるように準備お願いします。

遊びがあれば壊れない

柔軟な思考を生む『遊び心』は遊べる身体に宿ります。
好きなことを明確にして、遊ぶように学び、遊ぶように働ける人が育つ手力整体塾です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください