仰向けに寝た爪先の向きで骨盤の歪みがわかるのか?骨格模型に教えてもらおう

「右のつま先が外側向いてますから右の骨盤が開いてますね」
いかにもそれっぽいことを言う整体院は未だたくさんあるようですが、そんな整体院に通っている人が読んだら即刻やめたくなるエントリを書きました。

正直に言えば、昔々のワタクシも【教わった通りに】同じことを言ってました。見聞を広げ臨床を積み、ブラッシュアップしてこなかっったら今でも同じことを言ってる可能がなくな無い。いやはやゾッとします。

つま先が自然に向く方向は何処なのか、当たり前なつま先の向きを手に入れるにはどうしたら良いのか、このエントリで、なんちゃって整体師よりもイケてる知識を手に入れて下さい。

仰向けに寝た時足(つま先)が開くのは骨盤が開いているから!?

仰向けで寝たらつま先はどこを向くか

つま先の向きが示すもの

つま先が外へ向いたり内へ向いたりするのはどこかの【関節】が動いていることの現れ。骨盤という関節はありませんからもうこの時点で骨盤は除外です。拍子抜けするでしょう?でも事実です。

では、つま先の向きを変えられる関節はどこにあるのか見ていきましょう。

爪先の向きは膝関節での【内旋・外旋】で変わる

大腿骨と脛骨からなるのが膝関節。曲がっているときの膝関節では、膝下(下腿)を内外に捻る【回旋】という動作が可能になります。下腿を内旋させればつま先が内向きに、外旋させれば外向きになります。が、あくまでも『膝が曲がっている時』という条件付きで可能になる動作です。

膝には他の関節に無い半月板というものがあって、大腿骨の凸凹が収まるようになっています。しっかり伸展する際にスクリューホームムーブメントと呼ばれる脛骨の軽い外旋を生じつつピタッと連結されるのです。

つま先の向きを変える膝の構造

言い方を変えると、ちゃんと伸びた膝でつま先の向きを変えるのは不可能という事です。

爪先の向きは股関節での【内旋・外旋】で変わる

骨盤(寛骨)と大腿骨で構成されるのが股関節。球状の大腿骨頭が臼状の寛骨臼に収まる臼状関節で、前後(屈曲・伸展)と内外(内転・外転)の二軸に加え、軸を保ったまま捻る動き(内旋・外旋)も出来る非常によく動く関節です。

股関節頸体角と大転子

注目してもらいたいのは寛骨臼の位置と大腿骨の形。

ガンダムやアシモなどのロボットを見ているせいか、股関節は骨盤の下にあって大腿骨は真っ直ぐ下へ伸びていると思っている人が相当に多いですが、実際はご覧の通り、横方向へ開いた寛骨臼に120°~130°ほどオフセットした大腿骨がはまり込んで、球状の骨頭が転がるように動きます。軸を保った内旋・外旋でも、横に出っ張った【大転子】の部分は結構前後に動くわけです。

大転子が前後に動く内外旋の際に膝がきちんと伸びて半月板が機能していれば、股関節の向きはそのままつま先の向きに反映されます。

つま先の向きを変えるのは膝関節か股関節です
基本的に、つま先の向きを変えられるのは膝関節と股関節です

胸椎・腰椎の回旋でも変わる

ちょっと無理なやりな発想ですが、胸椎や腰椎を捻ってもつま先の向きは変えられます。仰向けに寝てこうなる人はいませんね。

脊椎の回旋でつま先の向きを変える

足首ではどうか?

以外なことに足関節(距腿関節)でつま先の向きを変えることはできません。

犬の足根骨と中足骨

こちら犬の足根骨(人間の距腿関節もほとんど同じ作りです)。
滑車みたいな形で出っ張っている距骨に脛骨が乗っかり、外側から腓骨が挟み込んで距腿関節を形成します。前後の動きに特化した作りで捻る動きはできないのがわかりますね。
実際は距踵関節やショパール関節、リスフラン関節のおかげで、足だけ動かしても幾分つま先の向きを変えられます。足の関節はこちら↓
https://www.tedikara.com/text/bone-joint/foot_joint/

仰向けに寝た時つま先はどこを向くのか

骨盤の歪みや開きなどと言われるものとつま先の向きは、一切関係がない事をおわかりいただけましたでしょうか。

ではようやく仰向けに寝た時の話。ここまで読んでくれた人なら骨格標本を寝かせただけで一目瞭然、納得いただけるはず。

仰向けに寝ると股関節は宙に浮く!だから外旋してつま先は外を向くのが自然です


大腿骨は一旦横向きに出て120°ほどオフセットされて下方へ伸びています。そんな状態で宙に浮いているわけだから、脱力すれば当然のごとく外側の出っ張り大転子が下へ落ちる、つまり外旋してつま先は外へ向くのが自然。

ガンダムやアシモの様に骨盤の下から真っ直ぐ脚が生えていたら何も起きずにつま先は天井を向くのかもしれませんが、そうじゃないってことです。

股関節は下じゃない

仰向けに寝てもつま先がまっすぐ天井を向いたままなら、それは股関節内旋の筋肉が凝り固まって脱力できていない証拠です。はい、つま先が開いている方を何とかしようとしていた整体院の見解とは反対の下肢に問題があるわけです。あー恐ろしや。

ちなみにうつ伏せに寝ると反対のことが起きます。

うつ伏せに寝たときの股関節

仰向けほどではありませんが、やっぱり宙に浮いている大転子が下に落とされて股関節は内旋をし、つま先は内側を向くことになります。うつ伏せでつま先を内向きにした時どこか窮屈な感じがするなら、股関節の外旋筋が凝り固まってる証拠です。

いやーしかし我ながら親切なブログだなぁ。下手な整体学校行くよりこのブログ読んでた方が勉強になるね!

まとめ。つま先の向きと骨盤は関係ありません

骨盤矯正という言葉がメジャーになって、みんなが気にするようになった【骨盤】というワードを入れ込んだほうがキャッチーでわかりやすい。そんな事情があるのは事実ですが、把握しているならともかく、教わった事をそのまま信じ込んで考えもせずに横流ししている整体師・セラピストは以外なほど多いのであります。

何度でも言いますが、骨盤は歪まないし極一部の出産を除いて開くこともありません。

産後は骨盤矯正のチャンスではなく身体の使い方を正すチャンスです。使い方を間違えなければ身体はそうそう壊れません。『生んだから』って赤ちゃんの所為にするのはやめましょうね!

動くのは関節であって骨盤ではありませんし、関節を動かしているのは骨じゃなく筋肉です。身体はひとつのユニットとして機能していますからその部分だけでバッチリ整えられるわけではありませんが、直接的につま先の向きを変えられるのは、【膝関節をまたぐ筋肉】か【股関節をまたぐ筋肉】なのであります。あ、ちなみにつま先が伸び切って下方を向き過ぎちゃう人はフクラハギがコリコリです。ほうっておくと足攣りますよw

仰向けに寝た時、足は(つま先)は開く(外を向く)のが物理。骨盤が開いてるなんて大ウソ、むしろつま先が内を向いている方が問題です。なんちゃって整体院に無駄なお金をかけていると骨盤じゃなくてお尻がだらしなく広がって垂れますよ!

美脚とつま先の向き。そこからはじまる連動の話。カカトや膝が痛むのとも深い関係があります。O脚や外反母趾も身体の使い方を間違えた結果の歪みです。

無料体験受付中

素のままの自分で誰かの役に立つ。オンリーワンの整体師を目指すなら手力整体塾。

当たり前を繋いだ理論と確かな技術を、あなたの強みと合わせて活かせるようにアレンジします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください