疲れにくい身体はきちんと疲れるという過程を経て手に入ります

疲れにくい身体はきちんと疲れることで手に入ります

疲れたくないというのは誰もが持っている本能です。
誰でもいつでも食べ物が手に入るようになったのなんてつい最近のこと。それまでは明日食べられるかわからなかったわけですから、なるべく疲れないように・代謝しないようにするのは当たり前な本能です。んが!時はアトムの時代を超えております。今や先進国で飢えて死ぬことは極一部を覗いて無く、むしろ食べ過ぎによる病気の方が深刻です。

そんな時代には【きちんと疲れる】事のほうが大事ですよっておはなしです。

矯正・施術で【疲れない身体】の提供は可能か?

飽食の現代においても【疲れない】は魅力的なようで、姿勢を正すと疲れない!とか、整体や骨盤矯正で疲れない体を手に入れましょう!などというキャッチを度々見かけますが、天の邪鬼は見かける度に腹の奥がムカムカするのであります。

骨盤を自在に操れるようになったり、良い姿勢はもちろんあらゆる姿勢が可能になったり、色んな歩き方が出来るようになったり、動かせる筋肉が増えていくのが良い施術です。結果、代謝が上がったり血行が良くなったりするわけで、どう考えても一旦は以前より疲れるのであります。

疲れにくい身体を手に入れることはできますが、そうなるまでの【過程】をスッ飛ばして疲れないようにするには、代謝を落とすか麻痺させる意外に方法はありません。

疲れは生きている証拠。細胞が代謝している証です。『疲れないようになる』という餌に釣られないようにしましょうね。

疲れと痛みを同列にするからややこしいのです

みなさんが良く知っている当たり前の事実をちゃんと紐づけすれば見えてくることがあります。

【立つより座るほうが疲れない】
座っているよりも立っている方が疲れるのは多くの方が実感している事実でしょう。だから座れる状況で用もないのに立ってる人はまずいません。

【立つだけで代謝は上がる】
少し前『椅子に殺される』という話が話題になっていました。

塾生が新聞の切り抜きを持ってきてこんな話題で盛り上がりました。座っている時間が長いと、糖尿病や心筋梗塞など成人病・生活習慣病のリスクが高くなる。統計の結果、日本人は世界最長の座り時間を有しているので改善が必要。先進の企業では立ってデスクワークを行...

座ってテレビを見ている時間が2時間未満の人と4時間以上の人では、肺がん発症率が1.36倍上がっている解析データもあるそう。これは受動喫煙による肺がん発症リスク(1.28倍)よりも高い倍率です。

安静時でも代謝ランキング1位の骨格筋は7割近くが下半身にあるわけで、座っていたらその分の代謝が落ちます。だから立っているよりも疲れないわけです。(ちなみに代謝ランキング2位は肝臓、3位は脳、4位は心臓です)

【座ると腰への負担は増える】
これもまぁまぁ有名な話だと思います。直立よりも座位の方が腰への負担は1.5倍近く増えるのです。

立位と座位で腰へかかる負担の違い

いわゆる良い姿勢で直立した際腰へかかる負担を100としたら、仰向けで寝た場合が25、立位でちょっと前かがみが150、良い姿勢で座って140、座って前屈みだと185と跳ね上がります。

立位でも座位でも、前屈みになると重力に押されて曲げモーメントが発生するので負担は跳ね上がる。

背筋を伸ばすとか胸を張るとか、頭を背骨に載せるとか坐骨で座るとか・・・・『正しい座り方ってどんなだろう』と折角疑問を持って調べだしたけれど、統一性のない色んな情報が散らばっていて、結局何だかわからないままモヤモヤしている人がいることと思います。ち...

立位も座位も脊柱の垂直静止という行為に違いないわけで、同じ行為をするなら下肢の筋肉も動員したほうが負担が分散するのは当たり前です。

ここに書いた3つの事実は皆さん知識として知っているか実際に実感していることだと思います。だけどそれぞれがバラバラだから情報に惑わされるのです。バラバラな知識をきちんと繋げれば、疲れは代謝の証だし、疲れの先に痛みがあるのではなく疲れを遠ざけたら痛みに近づくと気づくはずです。

良い姿勢は疲れます。だから世の中こんなにも沢山おかしな姿勢の人が溢れて腰痛肩こりに悩んでいるのであります。

姿勢が崩れるそもそもの原因はナニカ?○○が良くて●●が悪いなどと極論が飛び交う世の中ですが、そんなに簡単に特定できるものでしょうか。本質まで掘り下げればそこには人間の本能が関わっているのであります。

おかしな姿勢は使う筋肉が少ない=代謝が少ない⇒だから疲れない⇒けど痛くなる。これが事実です。
疲れと痛みはベクトルが違う。疲れていると動きが雑になって何処かを痛めたりすることはあっても、疲れの先に痛みがあるわけじゃないのです。本能と理性のせめぎ合いですなぁ。

疲れにくい身体は過程を経て手に入ります

天文学的に低い当選率の宝くじでも当たらない限り、仕事や生活はいきなり楽にはなりません。同じように、姿勢や動作もいきなり楽にはなりません。過程を踏まずに疲れないようにしたら痛みという代償を払う事になります。はい言わば借金ですね。

人生は常に二択です。どちらにもメリット・デメリットがありますからまぁどっちを選ぶかは本人の自由です。痛くても良いから疲れを遠ざけて楽したいのか、多少疲れてでも痛みを遠ざけ疲れにくい身体を作っていくのか好きな方を選んでください。

少し前の記事ですが、レジェンド葛西選手もこう言ってます。

40代は一般的に「体力や気力が衰えていく年代」と言われています。「いつも使っていた階段がつらくなってきた」「ちょっと走っただけですぐ息切れする」など、40歳を過ぎたあたりから「以前に比べて体がついてこな…

そんなわけで、手力整体塾では正しく疲れる方法を色々とお伝えしております。基本施術の姿勢ひとつとってもとにかく最初は疲れるはずですが、結果的に出来ることが増えていきます。
今まで動かせなかったところを動かせるように。あえて疲れやすい身体を作って疲れの閾値を上げていく。するってーと結果的に痛みは遠ざかるのであります。

どうしても疲れたくないという方は体中にチューブ刺してもらって寝てるのが1番です。代謝を極限まで落とせば当然疲れませんし長生きできますよ。アチコチ痛くはなると思いますけどね。

閑話休題。さよならトミー

先日こんなブログを仕込んでいたら、

平熱を上げると健康にはなる。けれども・・・・ 平熱を上げると免疫力が上がる 平熱が1℃下がると免疫力は30%ダウンもう随分と前ですが、体温を上げると良い事だらけみたな本が話題になっていました。以降、雨後の筍よろしく次々と体温アゲアゲ教が現れ温活なるも...

いつもお世話になっている馬森牧場から犬が倒れたと連絡。授業と訪問施術を終え南房総まで車を飛ばして会いに行ってきました。

きちんと疲れたトミーさん

馬を見張り、侵入者を追い払い、案内役として人の前を行き、牧場主を精一杯サポートしていたトミーさん。こんなに犬生を全うしたボーダーコリーは日本じゃ珍しいと思います。多少短命だったけれどボーダーらしく生きられたキミを羨ましく思うよ。ココに来られてよかったね、トミー。

無駄に長生きするよりちゃんと疲れて自分らしく活きたいものです。

フォローして更新を見逃さない!

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
12周年を迎えた小さな整体スクール手力整体塾を主宰しています、からだ応援団団長の釣りバカ整体師です。好きなこと得意なことに整体の知恵と技をプラス、個性を活かした働き方を提案しています。

遊べる身体で人生を遊ぶ

遊びがあれば壊れない。コレ、万物共通の真理。
身体と人生にアソビを提案する整体師を育成する手力整体塾です。

まずは無料の授業体験。