Facebookをご覧の方は既にご存知の事と思いますが、先日釣りに行った際、めでたく人生初のぎっくり腰になりました。
“体育”を説いている身として実にお恥ずかしい話ですが、『良い事も悪い事もありのまま全部出す』をモットーとする手力整体塾。体験してはじめて知ったことも含め、ぎっくり腰を詳細に考察したいと思います。転んでもただでは起きません。

ちなみに、ワタクシの腰に生じたのは幸運?なことに『ポクッ』と音が聞こえる正真正銘のぎっくり腰(腰部捻挫)だと思われます。整体の現場で良く診るプチぎっくりとはちょっと違って、通常は施術を行わないレベルです。
んが、発症翌日に卒業生の施術で7割方回復しました。その辺のことは最後に詳しく。

10数年振りの腰痛~ぎっくり腰

寝起きに突然生じた10数年振りの腰痛話を予約投稿していた日。
前日の夕方から西湖入りして、思い通りの釣りで良い魚が釣れましたが、少し腰痛がぶり返しているのを感じていました。

西湖でぎっくり腰

で、問題の当日。
腰の違和感はあったものの、寝過ごして出遅れた感があったので動きが乱暴になっていたのだと思います。レンタルボートに最初に積み込む、エレクトリックモーター(電動の船外機)用の特大バッテリー。24kgほどあるのでなるべくボートのセンターに積みたくて手を伸ばした刹那・・・『ポクッ!』腰からの異音と共に激痛&脱力感に襲われました。

・・・・でもまぁ動き出しているものは止まらない。腰をかばいつつ準備を済ませ出船!ww。昼過ぎまで何とか釣りをしてましたが1匹釣れたところで帰路が不安になり下船。

西湖でぎっくり腰

撤収作業もどうにかこうにか済ませ、そこから2時間ほど冷や汗たらしながらのドライブは近年稀に見る苛酷さでした。(いつもお世話になっている西湖の丸美さんにシップ貼ってもらいました。ありがとうございました。)

人生初ぎっくり腰。なってみてわかったこと

ぎっくり腰・プチぎっくり腰など色々なパターンがあると思いますが、腰部捻挫と思われるぎっくり腰になってみたはじめてわかった事をまとめます。

良い姿勢で立っているのが1番楽
長時間同じ姿勢はどちらにしてもダメですが、発生直後から直立しているのが比較的楽でした。バス釣りはボート上で立ってやるので、昼まで強行できたとも言えます。

車の運転がキツイ!
これは発生5日後の今でもちょっとキツイ。シートにドッシリ座るのはもちろんのこと、ハンドルを切るのが腰に来るのです。運転同様、椅子の背もたれや壁に寄りかかって座るのも辛い。

関連痛・放散痛が凄い
捻挫した腰椎がズキッと痛むのはもちろん、骨盤全体、下腹部、鼠径部、股関節まで痛みが広がります。男性ならわかる急所を蹴られた時のような鈍く強い痛みが四六時中続きました。

腕を伸ばすのも辛い
腕は1本2、3kgあります。腕を身体の前方へ伸ばすと腰に痛みが走りました。腰で支えているんですね、腕。頭ではわかっていても体感したのはじめて。
遠い蛇口、窓や引き戸、思わぬ動作で腰に激痛が走って貴重な体験ができました。

腰へのモーメント

下部腰椎から離れれれば離れるほど、強力な曲げモーメント発生。座っていたら他の逃し場所(膝・足首)が使えないので尚更強烈。

寝返りが1番キツイ!
ぎっくり腰解消のストレッチとして割と良く紹介されいる『膝倒し』。仰向けで両膝を立てて左右に倒していいくストレッチがありますが、あんなの出来る人はぎっくり腰じゃありません。

膝倒しストレッチ

只の寝返りさえ至難の業なのにこんなストレッチ出来るわけ無い

普通に寝返りするのが1番キツイのです。運転同様、他の動作ができるようになった今でも(施術は2日後から普通にできてます)寝返りは痛い!重心(丹田)を動かす要素が腰椎以外無いので考えてみれば当然ですが、コレほどまでとは・・・。
で、編み出した寝返りが腕を思い切り先行させて腕の重さを活かす!すると腰にほとんど力を入れす寝返り出来ます。もしもの時は忘れずに。

ここ半年~1年で肉体的変化を生じたと思われる要因

最終的に引き金を引いたのは、重たいバッテリーを乱暴な動作で船に積んだことですが、そこへ続く道のりを少し遡って考えてみます。

車が変わった
20年ほど代々BOXカーを乗り継いでいましたが、1年ほど前からSUVに乗り換えてドライブポジションが変わりました。未だにちょっとケツの収まりが悪いというかなんというか・・・。

パンツのゴムがキツイ
数カ月前にまとめて買ったパンツのゴムがちとキツイ。案外影響していそうな気がします。

座椅子
座椅子に座って映画を見る時間が随分増えました。これはひとえにAmazonプライムビデオの所為!(笑)

スマホ
昨年夏からスマホをサイズダウンして、ジーンズの右前ポケットに入れるようになりました。しゃがむ時、座る時に、鼠径部が圧迫されて痛かったり、股関節が動きにくくなっていることに気付きつつ継続していました。
(男性ではお尻のポケットに財布を入れたまま座ったり運転したりする人もいると思います。やめたほうが良いです)

ナナメ歩き(ハイキング)
ナナメ歩き自体はプラス要因だと思いますが、筋肉痛が出ても放置w。歩いた後のケアを怠っていました。

そしてやって来る突然の腰痛からからぎっくり腰までの流れ

5月6日(金)
朝起きたら突如腰痛。これといった原因は思い当たらず。まだそれほど酷くもないので放置。

5月18日(水)
ストレッチやら何やらでごまかし続けるも一向に引かず。むしろ少しずつ酷くなる有様。ガッツリ動かせば何か変わるだろうとナナメ歩きを強行。歩いている内は随分マシだが、座っている時などの痛みはまったく変わらず。

5月19日(木)
ナナメ歩きで良くも悪くもならなかった事を受けて内科を受診。各種検査を自ら指定して、十数年振りの痛み止めを飲む。

5月21(土)22(日)
牧場合宿。22日は痛み止めを飲まなかったけれど痛みは出ず。動きもほぼ普通に。

5月30日(月)
内科的検査異常なし。ちょい違和感が再発するも釣りの支度を車に積み込み、通常通り施術。

5月31日(火)
ブログの予約投稿を仕掛けて午後から西湖へ向け出発。夕方、流れだし付近で納得の1匹。この時点でまあまあの腰痛を感じるも本命は明日のボート釣り。コンビニで簡単な夕食を済ませ車泊

6月1日(水)
シートを倒して寝ていたのでかなりのこわばり感。中々寝付けなかった分寝過ごして、ちょっと焦り気味でバッテーリーを船に積もうとした際『ポクッ!』。

痛み止めで痛みが引いただけで元は断ててなかったわけです。最初に腰痛を感じた時、塾生なり卒業生なりの施術をきちんと受けておくべきでした。でもって最悪だっったのが多分車中泊。リアシートで横になっていれば回避できていたかもしれません。

真のぎっくり腰(腰部捻挫)とプチぎっくり腰の違い

整体の現場で良くお目にかかるプチぎっくりは、腸腰筋や梨状筋など単体の筋の過緊張、異常収縮、色んな言い方がありますがつまりは痙攣です。足が攣った時にするように、痛いけれどじっくり伸ばしてやればほとんどその場で解消できます。
滅多に動かさない筋を動かしたか、既に短縮している筋を更に縮めたか。原因も足が攣るのとほとんど同じです。(足が攣りやすいのは水分不足が最も多い原因です)

ぎっくり腰の肉体的メカニズム

拮抗(相反)する筋どちらか一方の過緊張なら、捻挫まではいたらない。(腸腰筋がめちゃくちゃパワフルならありえるけれどそんな人滅多に居ません)

対して真のぎっくり腰は、骨盤を後ろへ引く筋(股関節伸筋群)と腰椎を前へ引く筋(股関節屈筋群)が同時に過緊張した場合に腰椎捻挫が起こると想像がつきます。

ぎっくり腰の肉体的メカニズム2

互い違いに引っ張られるわけです。捻った場合は別として、捻挫が生じるのは腰椎の下部。4番5番と仙骨の間になります。ちょうどココに丹田があって、発生後は丹田をちょっとでも動かすと激痛!

元々非力な女性は腕を伸ばして重いものを持つなどしませんし、筋の過緊張で捻挫させるほどの筋力がありませんから、ぎっくり腰は多くありません。

つまり・・・自分の筋力で身体を壊すのです
肉体改造と称して筋トレに精を出したスポーツ選手の末路は言わずもがな。ぎっくり腰もチカラ自慢の男性がほとんど。やっぱり筋力は必要最低限で良いような気がします。適度な普通の運動は必要だけれど筋トレ断固反対!

対策、気を配ること

  • 勢いで誤魔化さず、ゆっくり丁寧な動作を心掛けること!
  • 腕を伸ばして済まそうとせず、可能な限り近づくこと!
  • 特定の姿勢を長時間続けないこと!
  • 運動したらケアすること!

ぎっくり腰でも施術できる手力整体です

最後に施術の話し。
ぎっくり翌日の木曜日は犬の整体師養成講座だったので、講師小林に実験がてら少し施術してもらいました。自発痛・安静時痛もある捻挫なので通常は施術しませんが、折角の貴重な検体ですからね。
当然腰椎5番ピンスポットの痛みはどうにもなりませんが7割方の痛みは消失。運転や寝返りなど一部を除いて動作もスムーズになりました。

何をやったか知りたいですか?残念ですが特別なことは一切なし、手力整体の基本手技です。割合を調整しながら下肢とお腹を少々。腰椎の負荷を減らすという、急性痛だけれど慢性痛に似た施術です。お陰で翌金曜から普通に施術ができています(寝返りは痛いけど)。
スペシャルなテクニックや幻の秘技なんてものはありません。基本が全てです。

公開!整体の奥義
奥義や極意は一子相伝秘伝の技なのか?正しい意味を調べてみたら、WhatではなくHowなのじゃないかしらと言うことに気づきました。そこんところを踏まえて、整体の奥義とはなんぞや?という話です。

心配してくれた(触りたくて?)卒業生が日曜にもアジトに来てくれて、夕方からの施術中は『治ったか?』と思うくらい快適でした。(やっぱ寝返りは痛いけどw)

まったく指示しなくても触って欲しいところを的確に触ってくれて、攻めるべきところは躊躇無く攻めくれる。安心して任せられる教え子さんが育ってくれていて本当に嬉しく助かりました。みんな凄い!ありがとうございます。

更に我ながら驚いたのは、寝返りが痛い状態でも施術はいつも通りにできてしまうところ。術中姿勢のこだわりはしっかり身に付いているみたいです。
ぎっくり腰になっても施術できちゃう術者の身体に優しい手力整体。自画自賛でございます。

みなさん、ぎっくり腰の際は、藤沢の整体まごのて庵か、Hayama整体haraへ是非。残念ながらどちらも男性はご紹介のみです。しかも結構忙しいみたいなので早めの予約が必要です。