程よいギャップで魅力倍増。整体院の多くはネガティブギャップになってますよ!

皆さんはどんな人が好きですか?
優しい人?面白い人?知識が豊富な人?イケメン?美魔女?

ま、色んな好みがあるでしょうが・・・

  • 怖そうに見えて優しい
  • おしとやかそうに見えてド天然
  • 頼りなさそうでいて博識
  • イケメンなのに料理上手
  • 美魔女なのに良き母

見た目など第一印象とのギャップがあると、より一層興味をそそられるのはワタクシだけではないと思います。
今回はそんなギャップのお話です。

実像と虚像

昔々、P.A(コンサート等の音響)をしていた頃にテレビ画面にいる数々の人達と実際に会っていたわけですが、画面上の印象を良い方に裏切るギャップを持っていた人は残念ながら数えるくらいしかいませんでした。今思いつくのはものまね四天王の清水アキラさんくらいですかね。テレビではいつもハチャメチャやってましたけど実際は物凄く腰の低い良い方でした。

アイドルとか演歌とかお笑いとか色んな方とお仕事しましたけど、大半の方は残念ながらテレビでの印象を崩壊させるネガティブギャップをお持ちでございました。あれでホントのプライベートではまた素敵なギャップをお持ちなのかもしれませんけれどね。

個人的に素敵だなぁと思うギャップは真面目な天然とツンデレ。いかにも!なスポーツカーよりも『羊の皮を被った狼』の方が好きです。実際は『羊の皮を被った山羊』くらいで十分ですけどw。

黒猫の革を被ったキジ猫

逆にギャップが全然ない人ってのもわかりやすくて好きです。
地元の超有名釣名人、元Zealの柏木さんとか、日本一忙しい潮来釣具のオジサンとか、DVDで観たまんまでそれはそれで感動したもんです。瀬川瑛子さんや朝丘雪路さん、チェッカーズのくろべえさんなども、素のままでテレビにご出演していらしたと思います。

国民認識度がそこまで高くなくても、派手な虚像を構築して商売できちゃう昨今。意図的にギャップを広げて目立つのも良いけれどそんな人は突如姿を消したり関連のない商売に鞍替えしたりする事が実に多い。見る眼を養うと隠しきれない違和感が漂っていて友達には成れない空気を感じるのであります。

整体院の多くも芸能人みたいなネガティブギャップになってますよ!

使い方によっては魅力を引き立てるギャップですが、負のギャップを演出してしまっている整体院は物凄く多いです。

大金投じて立派なウェブサイトを作ってもらって、『何処へ行っても取れなかった痛み』『アレもコレもソレも全部お任せ』『地域No.1』などなどキャッチでも立派なことばかり並べ立てて、どんな凄い整体師がどんな事するのか期待上がりまくり。
「今から面白いこと言うよ!」って言ってから人を笑わせるような至難の業をわざわざ演出してしまっているのであります。

ま、人の好みも100人100様なので、『賢そうに見えて実は何も知らない』『しっかりしてそうで頼りない』とかは愛おしく感じちゃう人もいるでしょうが、効きそうで全然効かない整体を「仕方ないなぁ」と母性本能で愛してくれる人はまず居ないでしょう。

ギャップの方向と開き加減に注意

実はこのエントリを思いついたのは某格闘家の早すぎる訃報を聞いた瞬間でした。
ファイトスタイルもキャラクターも何とも言えない違和感があってファンではありませんでしたが、一時の格闘技ブームを牽引した立役者であったことは間違いない偉大な“神の子”。彼の訃報を受けて最初に頭に浮かんだのが『ギャップ』でした。

オリンピック代表一家に生まれ育ったわけで、全身の入れ墨やギャングファッションとは裏腹に、線路に落ちた人を助けたり子煩悩なお父さん振りを見せたり動物好きだったり、人としての優しさをふんだんに持ち合わせていたのは想像に難くない。家系もさることながら強ければ優しくなれるのは自然の成り行きですしね。

今週は木曜と土日が『犬の整体師養成講座』の犬週間でした。当たり前の生理と基本的な物理を繋いでカラダを見ていく手力整体塾だから、犬の身体も同じ考え方で見ていきます。少々冷たいようですが肉体はある意味モノです。魂?エネルギー?が尽きてしまったら泣こう...

早くに死んでしまう人を見るにつけ、周囲の期待に応えるべく創り上げてしまった虚像が本来の自分とあまりにかけ離れギャップが開き過ぎてしまっているように見えて仕方がないのです。

ギャップは魅力でもあるけれど、自分の意志と裏腹に制御できないほど開きすぎてしまったらカラダにとってとても辛い事なんだろうと思わざるを得ない。

現役バリバリの頃も怪我など公表しなかったし癌もギリギリまで公表しなかった。RIZINの榊原CEOが「実は2年前から」と文章にして水を指してしまったけれど、わざわざ都内を離れ最終的にはグアムまで行って治療するなど徹底して虚像を守っていたようでした。

41歳。大人の男としてこれからが盛りの早すぎる死。好きかどうかは別としてアナタは凄かったです。ご冥福をお祈りいたします。

使い方によって抜群の効果を発揮するモノというのは、使い方を間違えればとんでもない逆効果を生んでしまうモノでもあるということ。
いつまで生きられるかはやっぱりわからないから、下手にキャラ作ったりせずやりたいことをやりたいようにやって自然で魅力的なギャップを持ちたいものです。

あ、ちなみに、徐々にではなく突然発症する本当の40・50肩(フローズンショルダー)の多くは、アウターマッスルとインナーマッスルのギャップ開き過ぎです。

手力整体塾に入塾すると早々に、アレコレとホームワークが出題されます。「勉強とは教わることではなく気付くことである」という大義名分の元、ある意味手抜きでもあります(笑)。いや、動作別筋肉一覧など資料にしてお渡しすることなど造作もありませんが、勉強の...

フォローして更新を見逃さない!

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
12周年を迎えた小さな整体スクール手力整体塾を主宰しています、からだ応援団団長の釣りバカ整体師です。好きなこと得意なことに整体の知恵と技をプラス、個性を活かした働き方を提案しています。

遊べる身体で人生を遊ぶ

遊びがあれば壊れない。コレ、万物共通の真理。
身体と人生にアソビを提案する整体師を育成する手力整体塾です。

まずは無料の授業体験。