フリーランス目指すならインターネットを使いこなしてワールドワイドになるのだ

フリーランス目指すなら使いこなしたいもの

少し前にこんなエントリーを書きました。

人間十人十色、身体も100人100様。だからといって、十人十色の相手に合わせて対応を変えたり、100人100様の身体に合わせてテクニックを変えたりするのは到底不可能、ドツボにはまるのが落ちです。『顧客のニーズに応える』なんてのは自分の思考を捨てた後出しジャン...

口コミはありがたいけれど実は難しい。そんな口コミに頼らず、自分のキャラクターや理念をきちっと伝えながら集客していく手段として欠かせないのがインターネットです。ポスティングやフリーペーパーはスピーディーだけれど情報が足りないから、口コミ同様いろんな人が来てしまう。(っていうか紙媒体からではクーポン狙いの人くらいしか来ませんが)際立ったキャラクターが確立できればできるほど、商圏も広げなきゃいけません。

そんなわけで、ウェブサイトやSNSなどインターネットの使い方が、真のフリーランスとしてやっていけるかどうか運命の分かれ道となるのであります。

ホームページは×。正しくはウェブサイト

まずは「ホームページ」という呼び方から正しましょう。ホームページというのはIEなりChromeなりのブラウザを立ち上げた時、最初に表示されるページのことを指します。各ウェブサイトの最初のページもホームとかトップとか言いますね。とにかく出発点がホームです。

お店の「ホームページ」も個人のブログも、yahooもお役所サイトもアレもコレも、ウェブ上にあるサイトなので『ウェブサイト』が正しい呼び方。情報発信ではなくサイト内でのコミュニケーションに特化しているものは、ソーシャルネットワークサービス(SNS)と呼び分けられています。

ウェブとは蜘蛛の巣。インターネット上に張り巡らされた蜘蛛の巣のことをワールドワイドウェブ(WWW)と言います。https://www.tedikara.com/ のwwwです。近年はwwwを省略しているサイトも目立ちますが、ひとたびウェブサイトをネット上で公開したらワールドワイド。誰しもが世界に向けて情報を発信できるわけです。

日本のインターネット発展は【2ch】に代表される匿名掲示板が牽引してしまったからか未だ捨てアカウントやら偽名匿名が横行して、無責任な情報発信や言いがかり炎上や自爆も後を絶ちませんけれど、『ネット上に公開したらワールドワイド』って事をもう少し理解して、(拡散のスピードがハンパないから)リアル社会以上に責任ある行動と発言をしたほうが良いのです。

紙媒体は当てにならないし、口コミに頼るのは仕事をもらうようなもの。しかもどちらも商圏が狭すぎる。ニッチな仕事を自分で生み出せる名実とも“フリーランス”を目指すなら、ワールドワイドウェブサイトの運営は必須です。我ら日本人が使う日本語は、ネット上でたった3%ほどの使用率しかないというデータがあるのが残念極まりますが、ネットを通じて、新幹線や飛行機に乗ってでも会いたい人になれれば自分の好きなところで好きなことやって働けるのであります。

検索結果1番のページを作る

ブログはウェブに残すログ(記録)という意味で開始当初は日記のような位置づけでしたけれど、現在サイトとブログの線引きはほとんど無く、ブログで検索結果1位のページを作っていくのが今主流のコンテンツSEOです。

とはいえ、ネット上には既に沢山のウェブサイトがありますから、何も考えずに書きたい事を書いていても検索結果1位のページなどできるはずがないので一工夫必要になります。

例えば、『整体 学校』で検索してヒットした対象のページは・・・・

整体学校の検索結果

12,700,000件。当たり前ですが12700000分の1になるのは至難の業です。(しかもこのキーワード、検索結果の対象は沢山あるのに検索ボリュームはたいしてありません)
対して『整体塾』での検索対象は・・・・・

整体塾の検索結果

2,520,000件。わずか1/5。これくらいの対象の中から頭一つ抜け出すならちょっとした努力とワザで可能です。

もちろん検索ボリュームがめっちゃあるキーワードで1番を取るのが最高ですけれど、並々ならぬ時間と労力を注いで10番目とか20番目で埋もれるくらいなら、ちょっと変わった人しか検索しないキーワードで1番を取る方が断然良い。そもそも『変わり者』のサイトを目指すんだからね。

SNS

ウェブサイトを作っただけでは如何にワールドワイドといえど誰にも見てもらえずウェブの屑になるだけです。開設間もないサイトなら尚更。コンテンツSEOを意識して誰かの疑問を解消できるページをコツコツ増やし、ボリュームも運営期間もある程度長くなれば検索からのアクセスが増えてきますが、育てるのにある程度時間がかかるのがウェブサイトです。

そこでSNSです。
ぶっちゃけ、手力整体塾のサイトは検索からの流入に頼っているのでSNSのことはあまり語れません。ツイッターとかいまだに使い方が良くわからない。何とかしなきゃいかんと思っているところであります。(フォローよろしく!Facebook Twitter

ブログを書く→自分のアカウントでシェアする→フォロワー沢山のインフルエンサーにシェアしてもらう→拡散!これがソーシャルを使った読者獲得の王道『バズる』というやつ。月間数万のアクセスなら検索流入だけでも可能だけれど、数十万のアクセスはバズらないと無理でしょうなぁ。

沢山フォローして欲しかったら沢山フォローすること。シェアしてもらいたかったらまず自分からシェアすること。ま、当たり前です。なんだか面白いと思う人を積極的にフォローして面白いと思う投稿をシェアしていくのも、自分のキャラクター発信になると思います。そうやって気付いたら自らがインフルエンサーになってるというのが理想でしょう。

ちなみに、ウェブサイトにしてもSNSにしても『二段階認証?なにそれ?美味しいの?』みたいな状態では非常に危険です。悪気はなくても知らぬ間に加害者になりかねません。

インターネット上で調べる、作る

使い方によってはとても有意義な情報が手に入るのもインターネットです。ただし、『二段階認証?美味しいの?』みたいにリテラシーが低いと、何の根拠もない情報に一喜一憂して下手すると詐欺や犯罪の片棒を担ぐ。インターネットの蜘蛛の巣へ足を踏み入れるからには、確かな情報にたどり着くスキルと見極める目が必要なのであります。

例えば論文検索。

科学はいつでも随分遅れてやってくるので科学的根拠があるものだけが正しいわけではありませんけれど、発信して人やお金を集めるからには現状根拠のある事に留めるべきなのは、こと『健康』に関することなら尚の事です。

得体のしれない文章がたまたま目についてしまった場合も出来る限り出所を調べて裏付けをとること。誰にも言わずシェアもせず1人でこっそり楽しむなら何でも構いませんがね。はい。ちなみにワタクシ、宇宙人はいると思っていますし目に見えない霊的なエネルギーもあると思ってますが、確かじゃないので誰も巻き込みませんw。

インターネット上では、調べるだけじゃなく様々なものを作ることもできます。
ウェブサイトは文章と画像で構成されています。文章はともかく、画像を操ろうと思ったらちょっと前まで高額な画像編集ソフトが必要でそれなりのスキルも要しました。が、ここも日進月歩の発展のおかげで誰でも簡単にネット上で作れるようになってしまいました。

例えばロゴメーカー https://www.777logos.com/logo/
こういうのは素人ではどうにもなりませんでしたけど、いとも簡単にそれっぽくできちゃう。

スマホやタブレットで使えるアプリには・・・背景を透過して写真を合成できるもの https://play.google.com/store/apps/details?id=com.rcplatform.fontphoto

写真に文字入れ出来るもの
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.rcplatform.fontphoto

などもある。専門的なソフトや知識が無くても、ハードルが高かったデザイン面ですら個性的なサイトを作ることが誰でも可能な時代なのです。20年近く前にウェブサイト作りだしたワタクシからしたら今は天国ですよ!マジで!

ブログセミナーに参加してきました

先週、世界一周1000人カットの旅をしていた最中からブログを読ませてもらってた美容師ブロガーじゅんクンのセミナーに参加してきました。内容はともかく1度会いたかったので。髪があるなら美容室に行くとこだけど切る髪がないからねw。

世界一周1000人カット美容師ブロガーさんと

近頃の若いやつは凄いねー。やりたい事がギュギュっと絞らてて明確で欲がシンプルで良い。コラボしてたあんちゃさんなんて、ブログの広告収入だけで部長クラスの収入があるのにシェアハウスに住んでる。変に格好つけずやりたい事だけやってるところを大いに見習わないといけません。

このセミナーの中で、今やフリーランスという生き方をしている人が17%もいるという話がでてましたが、これはやっぱりインターネットが普及したからこその数字だと思います。名実ともフリーランスとして生きるなら、インターネットを上手に活用しないとどこかで誰かに依存することになる。もちろんそういうアナログな繫がりも素敵だけれど、自立できている人同士が繋がったらもっと素敵だと思うのであります。

ちなみに、じゅんくんを見つけたのももちろんインターネットだし、先のタイランドで遊んでくれたスメットさんやジョオン君も Facebookで繋がったのです。

左から村長とスメットさんとワタクシ

バンコクから3時間ほど走った深夜の村で、何故か稚魚の放流を手伝ったワタクシとスメットさん(中央)と村長。

ジョオン君@コーラン

パタヤから船で40分のラン島で日本の釣り具メーカーからスポンサードを受けているジョオン君と。

インターネットが無かったらこんな面白いこと出来ません。
急速に発展するタイランドでは結構なオッサン・オバチャンもスマホを使いこなしてました。ホテルも予約できるしタクシーも呼べる。スマホ(インターネット)のお陰で世界は随分と身近になったものです。

守られないかわりに縛られもしない。フリーランスという生き方を楽しむために、リテラシーを高めて有効かつ安全にインターネット使えるようになりましょう。ビビってたら老いて枯れまっせ!

 

フォローして更新を見逃さない!

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
12周年を迎えた小さな整体スクール手力整体塾を主宰しています、からだ応援団団長の釣りバカ整体師です。好きなこと得意なことに整体の知恵と技をプラス、個性を活かした働き方を提案しています。

遊びがあれば壊れない

柔軟な思考を生む『遊び心』は遊べる身体に宿ります。
好きなことを明確にして、遊ぶように学び、遊ぶように働ける人が育っている手力整体塾です。