危ない橋は渡らない!怖がりな人ほど独立開業は上手くいくという話

独立開業、フリーランスという世界に得体の知れない恐怖を感じていたら当然独立は出来ません。ただ漠然と怖がらずに何が怖いのか知ること。そうすればきっと解決策が見つかります。

独立開業は怖がりほど上手くいくという話。ちゃんと怖がれ!

夏はやっぱり『ゾッとするはなし』でしょ!

金銭面が不安なら2つでも3つでも仕事すれば良い

私事ですが・・・
スクールを出てすぐ、1度目の開業は半年ほどで早々に撤退。とはいえそもそも訪問整体だから痛手は皆無。2度目の開業ももちろん訪問スタイルでしかも営業時間は17:00~24:00。朝から夕方までは離職後すぐにスーパーのパートを決めて食うには困らない状態にしていました。

パートが休みの日には母校の某整体学校で非常勤講師も努め、2年近く三足のわらじを履いてました。

で、当時の教え子さん数名が「もっと詳しく」と声を上げてくれて手力整体塾が始まったわけで、全くこれっぽちも危ない橋は渡らずに現在に至っているのであります。

勇気や行動力は恐怖心から生じる

怖がりだからこそ怖いことをそのまま放っておけない。何のどんなところが怖いのかハッキリさせて少しずつクリアしていくのが恐怖を克服する唯一の道です。

本当に怖いのは恐怖から目をそらすこと。臭いものに蓋をする事だと思います。

恐怖や怒りは痛みなどの症状とも連関しています。怖いモノ、怒っているコトを腹の底に押し込んで蓋をしても、肉体は正直に嫌がって症状で訴えてくるのです。

来る所まで来て『エイヤっ!』と飛び込んで解消できる事は稀。大抵は返り討ちにあって恐怖が倍増するだけです。挑戦と無鉄砲は違う。恐怖心から生じる準備と根回し、代替案や非常口の確保など、怖さを減少させるだけの後ろ盾があるから小さい勇気で挑戦ができるのです。

『時間的にも金銭的にもイッパイイッパイだけど挑戦したい』
そんな方から何度も相談のメールが届いていましたが、最終的に『そんな状態ではやめたほうが良いです。環境を整えてからどうぞ。』と返信しました。優しいでしょ?

切羽詰まっている時に出てくるアイデアはロクなもんじゃない。余裕が無いと面白いことは思い付かないのです。肉体だって余裕があるから痛みが出るまで追い込まれなくて済みます。

消費と投資

お金持ちはケチなどと良く耳にします。お金で安心が買えるわけではありませんが、お金がないと余計な不安が増えることをお金持ちは知っている。だから消費となるお金の使い方にとてもシビアなのだと思います。実際、スティーブ・ジョブズは死ぬまで黒のハイネックでしたしマーク・ザッカーバーグはグレーのTシャツか黒のパーカー、ビル・ゲイツはエコノミークラスしか乗らないそうです。

オシャレをして売上が上がったりファーストクラスで到着時間が早まるのなら出し惜しみはしないのでしょうが、結果が変わらない消費は抑えるからお金持ちになるわけです。

対して、怖いことから目を背けているor何が怖いのか良くわからない人は、せっせと消費行動に明け暮れてます。『お金が無い』が口癖だけどはたから見るとお金が無いようには見えないから不思議。例えば・・・

  • 総額考えずに端末が安からって三大キャリアのiPhone使ってるとか
  • 食費ケチってるのにパチンコしてるとか
  • 元も取ってないのにセミナーを受け続けてるとか
  • 100円のドーナツもらうのに1時間並ぶとか
  • 簡単に○○できる!みたいな本を何冊も買ってるとか
  • お家にWifi無くてスマホのデータ量10Gも買ってるとか
  • 60分2980円のリラクゼーションに年単位で通ってるとか
  • 宝くじを何万円分も買うとか
  • 授業料払ったのに途中で辞めるとか
  • 卒業したけどそれっきりとか

みんな何処かに埋蔵金とか打ち出の小槌とか隠し持っているんじゃないかと思うのであります。

消費ばかり出来るのは埋蔵金があるからですよね?

お金の使い方は消費と投資の2種類。
脳科学者茂木さんの『金持ち脳、貧乏脳』によると、消費活動は『自分のパワー確認』に繋がりある種の安心が手に入るようですが、消費しかしなかったら稼げないのは当然です。
しっかり投資して沢山稼いだからってお金で安心が買えるわけじゃありませんが不安は解消していきます。逆に、ほんの一瞬の安心を手に入れる消費ばかりしてても不安や恐怖は無くなるどころか増える一方。入るかどうかは出し方・使い方で決まるのであります。

使ったお金の元は取る。そんな貧乏性(怖がり)が金持ち脳を創るとは、いやはや人間とは実に面白いイキモノですなぁ。

授業料は投資。運用次第で何倍にもなるとか随分前にも書いてました。

そこそこの大金をはたいて整体を勉強するからには、『コレで食えたら良いな』という思いがあるはずです。『1時間の施術で6000円も貰えるなんてコレは美味しい仕事だ。1日2、3人の患者さんなら集められそう!』誰しもがそんな皮算用をしているはず。時間にもお金にも...

どんな会社でもいとも簡単にツブれる時代。誰にでも出来る仕事だけして給料という形でしか食い扶持を稼げないのはどう考えても恐ろしいのです。そんな状態を解消すべく、何が怖いのかを知り少しずつ解消する。独立開業・フリーランスという未知なる世界に踏み出す1歩を、手力整体塾ならお手伝い出来るかもよ。

ハイリスク・ハイリターンのギャンブルに挑む勇気や、清水の舞台から飛び降りる覚悟は要りません。授業料は何のために払うのか。何故フリーランスを目指すのか。目的を明確にして、少しずつ不安を解消していきましょう。そうまずはローリスク・ローリターンから。10円を20円にできなければ50万円を500万円には出来ませんからね。

ピンピンコロリで笑って死ぬこと。そのために、遊びあるカラダと遊びある人生を創造する。一見バラバラに見えるかもしれませんが、ワタクシのやることなすことは全てそこへ繋がります。共感してくれる人の1歩をお手伝いするのが手力整体塾です。

フォローして更新を見逃さない!

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
12周年を迎える小さな整体スクール手力整体塾を主宰しています、からだ応援団団長の釣りバカ整体師パンチ伊藤です。好きなこと得意なことに整体の知識と技をプラス、個性を活かした働き方を提案しています。

遊びの重要性を説く伝道師になる

アソビがあれば簡単には壊れない。コレ、万物共通の真理です。
『遊びあるからだ、遊びある人生』の伝道師になりたい方を募集中です。