犬の擬人化に違和感を感じる同志求む。犬の整体師養成講座受講料改定します。

犬の整体師養成講座

今週は木曜と土日が『犬の整体師養成講座』の犬週間でした。
当たり前の生理と基本的な物理を繋いでカラダを見ていく手力整体塾だから、犬の身体も同じ考え方で見ていきます。

少々冷たいようですが肉体はある意味モノです。魂?エネルギー?が尽きてしまったら泣こうが喚こうが身体はただのモノなのです。(だからって雑な扱いはよろしくありませんが)

エネルギーとか魂とか意識とか整体の範疇・・・かもしれませんが今のところ不確かなので、手力整体塾ではモノの部分が無駄なく無理なく地球上に存在するためには何が必要かを根底にして考えます

  • 重力はいつも1Gで地球の真ん中に向かっています。
  • 支点と重心が離れれば離れるほど大きなモーメントが生まれます。

物理は確かなもの。確かなものをないがしろにして不確かなことを思考するのは単なる『逃げ』だ思うのです。

自分のために何かできるのは自分だけ

自分以外の本心などわかるはずがありません。欲していようが喜んでいようがそう見えるだけかもしれない。自分にとって最善と思える策が相手にとって最善かどうかもわかりません。

『あなたの為』などという押しつけがましく鬱陶しい愛情を表現してしまうのは『自分のために何かできるのは自分だけ』という確かなことからの逃避です。
自分のためのことすら出来ないのに人のために何かやろうなんて100万年早い。自分の本心を確かめて受け入れることが何よりも先決。ココの順番を入れ替えては駄目です。

強くなれば優しくなれる

レイモンド・チャンドラーが生み出したハードボイルドな探偵、フィリップ・マーロウの有名なセリフに『強くなければ生きていけない、優しくなければ生きていく資格がない』というのがあります。原文は「If I wasn’t hard, I wouldn’t be alive. If I couldn’t ever be gentle, I wouldn’t deserve to be alive.」。このセリフを聞いて深く頷いた人もいると思います。

この部分だけ聞くと優しさの方が必須事項のように思われますが、『あなたのように強い人が何故そんなに優しくなれるのか』と問われての答えなのでやっぱり強さの方が先にあります。マズローの欲求5段階説を見ても明らかです。

maslow

ヤル気・勇気・元気。モチベーションは何処から生まれるか
モチベーションは欲求の強さに比例するという話し。『行きたくない』ほかのスクールの事はわかりませんが、手力整体塾へ通いだした方達が一度は経験する感情かもしれません。タイミング的には二通り。ひとつは始めてまだ日も浅い2、3ヶ月の頃、手技や解剖の勉強に身...

健康や暮らしの水準、保証などが含まれる安全欲求。強ければ当然安全が手に入るわけで強さは案外と底辺の欲求です。で、強い人が所属をすればそこで自然と優しさを発揮できます。

何だかいつもふわふわして居所が定まらないしような気がするなら、弱々で安全欲求が満たされてないのに一段抜かして所属欲求を満たそうとしているのかもしれません。上辺だけの押しつけがましい優しさを振り撒く前に、強さを手に入れてみてはどうでしょう。

自分の本心を確かめて受け入れ『個』を確立していくと、比較をしない強さ=安全が手に入ります。出来ることならこの段階をちゃんと踏んでいる人に所属して欲しいのです、手力整体塾。もちろん、現状把握ができていて『強さを手に入れたい!』と願う人へは全力でサポートしますけれど『そこんトコは大丈夫だからもっと上の方へ』とか思って(思い込んで)る方は、どうか他のスクールを当たってください。

特に犬の人。相手が人間なら離婚なりなんなり逃げるすべがありますけど、所属されちゃったワンちゃんは逃げたくても逃げられません。犬を擬人化して自分の承認欲求を満たすべく自分の価値観で優しさを押し付けてしまう自称犬好きの人は、手力整体塾で犬の整体を習わない方が良いです。

犬を擬人化して人間の価値観を押し付けるのは如何ともし難い。タイや台湾でノビノビと暮らしている犬たちを見てその思いは一層強くなったのであります。

『じゃあそもそも犬に整体なんてどうなのさ』という気持ちも沸いてきますが、整体は日常行われている余計な何かを見極めるための知恵。何をするかじゃなく何をやめるか提案する為の過程に施術があります。

施術で出来ることなんてちょっとしか無いし施術だけで完結するなんてありえない。自然な暮らしから離れる要因になっている余計な何かを、飼い主さんにやめさせるのが犬の整体師が取り組むべき本当のミッションです。

『私が気持ち良いんだからこの子も気持ち良いに違いない』
そんな価値観の押しつけじゃなく、犬とは何か、人間と同じ部分は何処か、違いは何処か、何故存在しているのか、それぞれの犬種が生まれてきた理由や背景を知りましょう。なにも本人(本犬?)と喋らなくたって、調べればわかることはいっぱいあります。不確かなことへ逃げる前に確かなことを繋げばそれも次第に強さになります。

そんなわけで、志を同じくする同志を集める手段のひとつとして受講のハードルを若干上げます。ご了承ください。まずは犬の整体師養成講座から。

7月以降の犬の整体師養成講座は授業が2日増えてちょっと思い切った値上げをおこないます。現在180,000円(安っ!)を250,000円に。現在募集中の4/5スタート毎週木曜コースがラストチャンスです・・・と煽られて反射的に体験希望メール出さないように!どんな人がどんな理念で整体スクールをやっているのか、どうか隅々までサイトを読み込んでから体験にお越しください。せめて講座の要項とか関連カテゴリーくらいはしっかり読んでおいてください。お互いの為です。(本科体験ご希望の方も同様です)

犬の整体師17期修了

17期修了。お疲れさまでした。

3/22(木)と 7/28(土)は犬の整体師ステップアップ講座(インストラクター養成)を開催します。定員3名です。

もう一歩先へ。場所や受講料ではなく『手力整体塾を選んだ』と言える人達と濃いい人生を愉しみたいと望むワタクシの言いたい放題を最後まで読んでくれてありがとうございました!

 

フォローして更新を見逃さない!

Author Profile

パンチ伊藤
パンチ伊藤
小さな整体スクール手力整体塾を主宰しています、からだ応援団団長の釣りバカ整体師パンチ伊藤です。好きなこと得意なことに整体の知識と技をプラスして誰かの役に立つ活き方を提案しています。

遊ぶように学び、遊ぶように働く

面白いことなら誰でもできる!
好きなことを軸に、遊ぶように学び遊ぶように働く方法を手に入れましょう。遊びはすべてを救います!