手に職!で開業・副業の情報発信中。シンプルな理論で『アナタらしく』を応援する小さな整体学校

細菌・腫瘍による腰痛

動作による痛みの増減が無く、痛みが日に日に増しているようなら、細菌による感染症や腫瘍などを疑う必要がある。

化膿性脊椎炎

オデキを作るような細菌が背骨の椎間板近くに感染して起こる。
長期にわたり鈍痛が続くものと、激痛に発熱を伴うものと2つのパターンがある。どちらの場合も確定診断にはMRIや骨シンチグラフィー*1が用いられる。早期であれば、抗生物質による治療で完治が望めるらしいが、膿の量が多く、椎体や椎間板の破壊が進んでいれば、病巣を取り除く手術が行なわれる。

結核性脊椎炎

脊椎カリエスともいう。
多くの場合はかつて感染した結核菌が脊椎に隠れていて、抵抗力が衰えた時に動き出し関節炎症を引き起こす。局所の鈍痛、動きが悪くなる、微熱などと、地味な初期症状のわりに厄介で、ジワジワと椎骨の破壊と大量の膿を産む。膿が神経を圧迫して脚に麻痺が出る事もあるようだ。
昔よく見た腰が深く折れ曲がったお年寄りは、この病気により椎骨を破壊された方が多かったのだそうだ。

結核菌が元凶なので、おなじみのツベルクリン反応で検査をするが、確定にはレントゲン、MRIが用いられる。症状が意外に地味なので、すでに膿が大量に溜まった状態で見付かる事が多く、手術によって膿と病巣を取り除く事になる。

抵抗力を養え!
これら2つの病気はどちらも元気な人はまずかからない。すでに何らかの疾患で身体が弱っている人と、お年寄りは注意が必要。(糖尿病や肝障害、動脈硬化など)

骨腫瘍

良性のものもあるが、多いのは他の臓器にできた悪性腫瘍が骨に転移したもの。中でも肺ガンや乳ガンは骨転移を起こしやすいとされている。不肖伊藤の父も小さな肺ガンから骨盤への転移が起きた。骨へ転移してからは痛みを訴える事が多くなった。侵された骨はスカスカになり、些細な事で骨折するようになる。

姿勢による痛みの増減が無く、痛みが日増しに強くなっているようなら早めに病院へ。
確定には、CT、MRI、骨シンチグラフィーが用いられ全身をくまなく検査する。発生箇所(転移箇所)が小さく限られている場合には手術や放射線で積極的な治療が行なわれる事が多い。

細菌性仙腸関節炎

これは実際患者さんとして拝見させていただいた。
仙腸関節に負担がかかって壊れた様子で、すでに病院で精査を受けていたという事だったが、どうしても納得がいかず、もう一度病院へ行くようにお願いをした。

それから1ヶ月ほどたって電話をいただいた。付いた診断が【細菌性仙腸関節炎】。何かの拍子に細菌が仙腸関節に入り込んで炎症を起こしていたらしく、病院でも数件しか前例が無かったとのこと。
先生いわく、『いや~○○さんには騙されました・・・』だったそう。

1ヶ月間入院しただひたすら抗生物質を投与し続けたようです。姿勢による痛みの増減があったとしても、『常に同じところが痛い』『痛みの増減はあるが消える姿勢は無い』これらは注意ですね。

 

*1:放射性医薬品が、骨代謝の盛んなところに集まる習性を利用した、骨異常の検査

お問い合わせ TEL 0466-44-9550 恐れ入りますがなるべくメールでお願いします。

公式ブログ最近の投稿

メールマガジン

整体で独立!自由自在に楽しむ7つのステップ
女性102人に取ったアンケート付きで無料配信中。メールアドレスをご記入の上、送信ボタンを押して下さい。(gmail.com、live.jpなど、迷惑メールフォルダに入る場合があります。ご確認ください。)

手力整塾@からだ応援団

横浜・新横浜から乗り換え無し
〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-6-6
ニュー椿荘302
塾長:パンチ伊藤

誰かの1歩のために

1歩踏み出せば世界は変わると確信しています。知る事・繋ぐ事。恐怖が小さくなれば1歩が出せます。
難しそうに思える身体の事を、ベーシックなところで繋いでわかりやすく。
『もう少しだけ先へ』
全ては誰かの1歩のために。

 

手力整体塾塾長パンチ伊藤

PAGETOP
Copyright © 2006-2017 Tedikara Seitai School All Rights Reserved.