注意:最後まで読んで欲しいなぁ。

『エセ科学』という言葉を近頃良く目にします。酵素とかコラーゲンとかイソフラボンとかその他諸々科学的に根拠が無いもの(曖昧なもの)を科学崇拝の方々が揶揄する『エセ科学』。彼らに言わせたら我らが民間療法も横一線でエセ科学の烙印を押される事と思います。

釣りバカ整体師パンチ伊藤。先日の教室で『スピリチュアル好き』な話をしたら意外だったようで皆さん驚いてくれました。心霊特集とか超常現象とか大好きなんですけどね。どれだけ現実主義に見られているやら(笑)。

科学で解明されていることのほうがずっと少ない

わからないから面白い。全部わかっちゃったら生きている意味さえ無くなるでしょう。オバケだってUFOだって超能力だってきっとある。無いほうがおかしい。今自分が現実だと思っていることだって、たまたま周波数の合ったものが見えたり聞こえたりしているだけなわけで、自分と違う周波数を持った人が違うものを見聞きしていることは否定できません。

科学はいつだってかなり遅れてやってきます。『体の痛みと心の痛みは脳の同じ部位で処理されている』と科学的に証明されたのだってつい数年前のこと。科学的にわかっているものなんてほんのちょっとしか無い。未だ本質はわからなくても起こる現象は山ほどあります。

腰痛2800万人時代 ~変わる“常識”~

http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3374_all.html

腰痛をはじめとする日本の痛み治療がようやく転換期に差し掛かっています。
こういう記事をザッと斜め読みして『腰痛はストレスの所為だ!』とか要らぬまとめをする人がきっと居ますが、最後までキチンと読めばそればかりでない事も書かれていて、偏りのない良い記事だと思います。

そもそも日本の痛み治療がこれほど遅れてきたのは、筋肉という概念がお医者さんに無いからです。大学で習わないんだから仕方ありません。
痛みの生理に基づいた筋筋膜性疼痛症候群、トリガーポイント(MPS)があまり広まらないのはお医者さんが筋肉を知らないから。そしてあんまり、いや全然儲からないからに他なりません。

トリガーポイントブロック注射は何処に何回しても、医療報酬は1日につき1回。たったの80点。(1点=10円)

転換期に差し掛かっている日本の痛み治療ですが、お金が取れる新たな医療機器が開発されるまで大きな変化は無いかもしれません。

科学が正しいとも限らない

何処かの誰かが得するために情報を操作して常識は出来上がります。正しいかどうかはあんまり関係ない。だからアナタが特をするかどうかで選べば良いのです

  • 飛び出したヘルニアを何としても除去したいなら手術した方が良い。
  • 痛みや症状と関係無い手術をしたくないならしなくて良い。

癌の治療、インフルエンザワクチン、放射能。すべて自分で選べば良いのです。(選択できない子供は親が責任を持ちましょう)
常識に科学的根拠があるとは限りません。大体科学者って人種は視覚に頼りすぎ。【腰痛=ヘルニア】とか【膝痛=変形性膝関節症】とする医療の方がよっぽどスピリチアル、エセ科学です

近年の禁煙政策にしても、合成薬とプラスチックを売るため70年前にマッカーサー率いるGHQが持ち込んだ大麻禁止政策と酷似しているように思います。喫煙者を減らすとどこが儲かるのは凡人のワタクシには思いつきませんがね。

養老先生も仰るように喫煙者が減っても肺癌は増えているわけで、近頃見直されている大麻のごとく、50年も経ったらタバコの有用性が持てはやされているかもしれません。

メロンパンかカレーパンか

科学もエセ科学も双方の信者・崇拝者が情報を混乱させているように思うのです。ワタクシの目には、メロンパンが好きな人とカレーパンが好きな人が終わりのない言い争いをしているように見えてなりません。

唯一信じられるのは自分の感覚です。
科学も、エセ科学・スピリチュアルも楽しむ分には良いけれど信じちゃダメ。科学は常にずっと遅れてやってくるので、根拠がないものをエセ科学と称して揶揄していると10年後に大恥をかくかもしれませんしね。

科学的な根拠があると確かに安心感はありますが、科学じゃわからないものの方が圧倒的に多くて、だから世の中面白い。
日本には元々八百万の神が居る。それはつまり人を含む自然のもの全てに神が宿っているって事で、お陰でこの国は特定の宗教を持たない“自由の国”なわけ。そりゃ一神教にすがってた方が楽でしょうけれどその所為で戦争も起きる。そんなところまでアメリカナイズしなくて良いと思うのです。

八百万の神がいる国

不思議現象はこっそりと

根拠があろうがなかろうが自分の感覚を信じて愉しむのは良い。んが『なぜ?』そうなるのかもわからないのに発信をして人やお金を集めるのは断固反対。スピリチアルは好きだけれど、本質がわからないものを堂々とウリにしている場合は人間性を疑います。はっきり言ってアブナイ。大体その手の人に限っていっつも身体の具合が悪い(笑)。

宗教と同じ。1人で楽しむ分には構わないけれど他人を巻き込むなって話しです。
文句がある人は正面からかかって来てください。粉砕して差し上げます。後ろから不意にとか、おかしな人形を針で突くとかはしないように。(不思議な力があるならこっそり使えば良いんじゃないかな)

手力整体でも何故だかわからない現象はあります。が、その手のやつはあまり大っぴらにせずきちんと『何故だかわかりません』『身体って不思議だね』と脚注をつけます。発信する際には極力根拠(本質)のあるものを心がけています。こんなスタンスなので『スピリチアル好き』って話しを驚いてもらえちゃったわけですな。

とにかく、科学だろうがエセ科学だろうが世の中にあふれている偏った情報の全ては『メロンパンVSカレーパン』だと思えば良い。あなたが好きならそれで良いの!自分の感覚と選択を信じましょう。そうです、ワタクシ伊藤の事もまるっと信じちゃダメですw。

 

整体で独立。信じられる自分になる7つのステップ

女性102人に取ったアンケート付きで無料配信中。メールアドレスをご記入の上、送信ボタンを押して下さい。(gmail.com、live.jpなど、迷惑メールフォルダに入る場合があります。ご確認ください。