4日間集中講座期間という事もあってクローズド開催となった今月のトリガーポイント専科。
症状として感じている痛みの原因になっている隠れたコリ、トリガーポイントを探せるようになるために必要な知識と考え方を集中してお伝えしました。
症状別に良くあるトリガーポイントというのは実際存在しますが、それを一覧にしてお渡しするくらいなら本を買えば済んでしまうわけで、天邪鬼な整体スクールが講座として開催する必要はありません。症状は様々、身体中あらゆるところが痛む事があるので、対応ポイントをいちいち覚えていてはキリがないのです。

手力整体塾のトリガーポイントセミナー

はじめて参加する方々は、機能解剖のテキストに慣れ親しみつつ筋肉をピックアップする作業から。記入し終わったテキストの意味がわかれば、無敵の虎の巻になるはずです。

対応ポイント同様、筋肉も単体でただ暗記したって宝の持ち腐れ。『なぜ?』で繋いだ三段論法的解釈をする事が大切です。子供に習って『なぜ?』と問い続けましょう。考える時は座ってない方が良いです。作業だけは座って机に向かってやりますが、作業以外は身体を動かした方が良い。身体の事を考えるんですから尚更です。
逆に言えば身体を動かしている時は作業にならないよう注意した方が良いと思います。施術を作業にしてしまっては単なる肉体労働。だまっていつまでも揉んでくれるマッサージチェアに敵いませんから。(似たような事を先日も書きましたね

施術は芸術。100点は取れないけれど100点を目指す。刺激されるまで感じる事の無いコリをヒントを繋いで探し、最良の手段を考えて取り除く。
『整体は脳みそに汗をかいてこそ』・・・・・字あまり。

 

次回のトリガーポイント専科は4月の平日開催を検討しております。土日参加は難しいという方、お見逃しなく。
打ち出の小槌を幸せ製造マシンにするかガラクタ製造マシンにするかはアナタ次第!