『微細な筋損傷がトリガーポイントになり関連痛を発生させる』

天邪鬼な整体師がこの説明を鵜呑みに出来るはずもなく、もっとわかりやすく当たり前の生理を繋いで誰もがTPを探せるように組み立てたのが手力整体のトリガーポイント講座です。症状別に狙うべき筋肉を網羅して伝える・・・・・様な事はしません。初級も上級も、テキスト内には筋肉名がひとつもありません。

『こんな時はココのトリガー』そう伝える事は簡単です。んが、全てを伝える事は到底不可能なのです。数多の症状、100人100様の身体を相手にするには、“考え方”をマスターして現場で対応しなくてはなりません。

よく言われることに『整体は一生勉強』というのがあります。
それは事実ですが、けして教わり続けるという意味ではありません。ベーシックな事を踏まえ、自ら考える勉強が続くのです。整体師としての勉強を一生続けられる基礎を築いていただくこと。それが手力整体塾のこだわり。

大切なのでもう1度。全てのTPをお伝えする事は出来ませんが、TPの探し方をマスターすれば全ての痛み・シビレに対応できるようになります

患者さんと一緒に探して一緒に驚く一緒に喜ぶ。それが楽しいのです。しかも伊藤の様なクチ下手な人でも自然とコミュニケーションがはかれます。
更に・・・・・一方的な『どうだ凄いだろう!』とうい施術よりも、『身体って面白い!凄いですね!』と一緒に喜んでいたほうが圧倒的に施術の効果もあがり、予約も埋まっていくのです。

 

そんなトリガーポイント講座。次回は6月の予定です。

 

トリガーポイント講座