痛みが足枷になって1歩踏み出す事をためらっている人の背中を整体で押したい。
始めて整体を受けたときの驚きをみんなに分けたい。
驚けばちっぽけな現実は打ち砕ける。
前を向いて進んで行きたいから、道連れとして誰かに新たな1歩を踏み出してもらう。そんな事の為に伊藤は施術をおこない、講座を開催しているのだと思います。もう1歩・・・・あと1歩だけ・・・・少しずつでも良いから一緒に前へ進みましょう。道連れ募集中(笑)

 

先日のO脚・骨盤矯正専科に続き、イレギュラーな開催となった手力整体的トリガーポイント専科。
都内で充分なキャリアを積んでらっしゃる男性セラピストさんお2人のご希望にお応え平日開講しました。

トリガーポイント専科

セラピスト暦が長いだけあって流石の目線ですね。

“微細な筋損傷がトリガーポイントとなり思いもよらないところへ関連痛を引き起こす”という良くあるTP理論とは一味違う手力的TP講座。当たり前の生理を当たり前に繋げば、症状の出るところと実際に凝っているところのズレを理解できるはずです。筋肉の生理と役割・特性。ちょっと身体に詳しい人なら誰でも知っている事にこそ、驚きのトリックが隠されています。

“元気”は字のごとく“元の気”。そこへ戻すのに必要なのは、難しい横文字の最先端テクニックでもなければ、スピリチュアルな精神論でもありません。あ、そういうものを否定するつもりはもうとうありません。患者さんが喜べばなんでも良いと思いますが、溢れんばかりの情報に振り回されるくらいなら、ドンドンそぎ落としてシンプルにしていった方が良いように思います。ファッションなんかも同じですね。
『大切なことは当たり前の中にある』これ、手力整体塾のスタンスです。40数年右往左往してきたパンチ伊藤が辿り着いた立ち居地ともいえます。

 

近頃女性だらけだった手力整体塾としては嬉しい男性お2人に感想を頂戴しました。ありがとうございます。

トリガーポイント感想

 

トリガーポイント感想

 

現場でどんどん試して疑問質問が出てきたら、いつでもリピート受講をしにいらしてください。(先月TP専科を受講された方は早くも来月再受講予約をくださいました)セラピストとして新たな1歩を。手力的トリガーポイントであなたも道連れに。来月は12/6(土)7(日)。

 

さ、今日明日は2014年2度目の房総牧場合宿(Ajito No.2)でございます。なんだか参加者が少ないようですが、少ないなら少ない成りに楽しんできます。非日常(驚き)が現実を変える!