ぎっくり腰の施術をお断りする整体院やサロンは結構多いようです。
ぎっくり腰は“腰部捻挫”と呼ばれる事もあるので、捻挫だったら炎症も起きているはずだから先ずはRICE処置というのが正しい判断かもしれません。問題は本当に捻挫かどうかというところ。10年整体をやっているおかげで数々の自称ぎっくり腰さんを拝見しておりますが、施術をせずにRICE処置を薦めたのはたったひとりです。(他に細菌性仙腸関節炎だった方がおひとり)。

ほんとうのぎっくり腰は多分“捻挫”なんだと思いますが、伊藤の拙い経験だとそれは凄く稀です。急性痛だからといって何でもかんでも冷やして安静にすれば良いってもんではありません。足が攣った時にそんな事する人いないでしょう?

姿勢と動きからトリガーポイント見極めて、あの手この手でほどいていく。ぎっくり腰といえどやるべき事は一緒です。むしろ急性痛の方が、余計事を考えなくて良い分簡単とも言えます。必要なのは信頼と度胸!

様々な部位の様々な痛みを訴える人がいて、その度に頭で考えたり資料を探したりしてしまうかもしれませんが、考えたり調べたりするより先に姿勢と動きを冷静に診る癖をつけましょう。『痛みとは何か』が分かっていれば、ぎっくり腰でも寝違えでも慢性痛でも急性痛でもやる事は同じなのです。あ、もちろんどんな姿勢・あらゆる動きで痛い場合は施術しちゃ駄目ですよ。

トリガーポイント専科

手力整体塾のトリガーポイント専科。早速リピート参加してくださったセラピストさんの疑問にお応えしつつ、お伝えしきれなかった事も交えて進めてみました。『何度参加しても新しい気付きがある』そんな授業を心掛けています。カリキュラムは有って無いようなものです(笑)次回は2月開催予定>>>