ご主人のO脚をなんとかしようと奮闘している塾生から質問をいただきました。

O脚X脚の施術をする前にまず明確に知っておかなければならないのは『脚の正面はどこか』ということ。正面から見れば真っ直ぐでも少し横から見たら曲がってるものは沢山あります。

横から見たら曲がっているもの

脊柱もそうですね。

g

側湾といわれるものも、横に曲がっているというよりは捻れている(ちょっと横から見てる)方が多いように思います。
正面が正面でなければ曲がって見えて当たり前。脊柱も脚も既に捻れた状態を正面として記憶してしまっている人はとても多いです。正面を正面に向けるだけでピッタリ綺麗に脚が揃うことは良くあります。

様々なパターンが存在する脚の歪み、O脚・X脚ですが(下記以外にも色々)

O脚、X脚

共通する事実を知っておかなければなりません。
どんなに強烈なものでも膝を曲げるとピッタリ揃うという事実です。(ハーフスクワット)

ハーフスクワット

オッサンだろうがお年寄りだろうがギャルだろうが“X”だろうが、膝を少し曲げれば【内もも~膝~フクラハギ~内くるぶし】までがピタリと揃う。この事実を知らずしてO脚の施術はできません。

この状態で揃うのですから、骨そのものが曲がっているわけでもなければ関節の所為でもありません。紐や器具で痛い思いをして固定しても残念がらほとんど無意味です。
(膝を曲げていく際に骨盤を動かしてしまうと脚は揃いません。何故かは考えてくださいw)

見た目(視診)からコリを予想して動診をしたら、思いの外可動域が広くて悩んでしまったようでしたが、触診(施術)で予想の筋にコリがあれば◎です。
触るとカチカチなのに可動は広い(体は柔らかい)という人は結構います。男性ではちょっと珍しいかもしれませんが女性では珍しくありません。アウターマッスルとインナーマッスルの役割分担を考えれば解せないことでは無いと思います。

体が柔らかい人にストレッチのアドバイスはあまり意味がありませんが、アウターの負担を分散できるように、インナーマッスルの簡単なケア(スタビライゼーションやバランスボール)のアドバイスは重要になります。

とにかくO脚・X脚の改善は

  • 脚の正面を知る
  • ハーフスクワットで揃う事を互いに確認する

この2点がとっても大切です。
もちろん骨盤を含む腰回りと肩甲骨のチェックも欠かせませんけれどね。