『ふくらはぎの外側が膨らんでいる(ように見える)人は何がどうなっているのか』
そんな質問が出たので皆で考えて色々な意見がでました。大まかに2つの要因があるのではないかとまとまりました。

その1:自然に直線は無い
人間の意志が入った構造物以外、真っすぐなモノというのは存在しません。だから現代人が創造にかかわっていない所に直線があると、古代文明とか宇宙人の仕業ってことになるわけです。

image2

ナスカとかね。

山や海岸線など自然の創造物は、一見真っすぐに見えても視点や視座を変えれば必ず凸凹だったりたわんでいたりします。それが自然の摂理です。

真っすぐに見える角度

一見真っすぐに見えても

曲がって見える角度

角度を変えればたわんでる。

つまり、脚をどこから見るか、脚の正面はどこかというのがまず問題なのです。

脚のゼロ度

小学校の時に習っている『キョーツケ』。膝をきちんと伸ばして、つま先を少し外に向けた(開いた)状態が脚のゼロ度。ふくらはぎはもちろん、脚の筋肉が全て元の長さで関節にも動きがない状態。膝とつま先が少し外側を向いているこの時こそ脚が正面を向いているのです。
これはもう人体の構造上決まっています。膝小僧と親趾(ゆび)の向きが揃ってない人は膝を壊しやすいので要注意。自然と体重も足裏へ全体にくまなく掛かっているはずです。

構造上の0度で立って脚を本当の正面から見たら、ふくらはぎの膨らみ・出っ張りも気にならなくなることが多いのです。
ちゃんと立っても内モモや膝、フクラハギがくっ付かない様なら本当のO脚やXO脚。カカトが付かなければX脚です。つま先を外に向けることを『がに股』という人がいますが、膝が伸びていればガニ股ではありません。つま先だけ内側に向けて膝の間が開いている方が余程ガニ股ですよ!

ふくらはぎ外側が気になるならつま先は外向き!

美脚ニューヨーカーの爪先はみんな外向き

脚のトラブルはつま先の向きから
意外と多いカカトの痛み手力整体塾、今月の4日間集中講座が終わりました。『たまにカカトが痛いんですけど』久しぶりの出席になった塾生からそんな質問が出ました。カカトの痛みを訴える人は意外なほど多い。寝起き最初の1歩で“バリっ”とか“ビリっ”とか表現したくな...

つま先を正面に向けたり内側へ向けたりしてわざわざたわんで見える角度から見ているから、ふくらはぎの外側が膨らんで見えるのです。
恐ろしいことに近頃の小学校では「キョーツケ」を習わないところもあるようですね。困ったもんだ。

その2:猫背と一緒
ひとくちに猫背といってもいくつかありますが、骨盤の後傾を伴う良くある猫背と同じ理屈が通ります。

nekoze

座る為の骨『坐骨』で座って骨盤がきちんと機能していれば、背骨も理想の形をキープしやすいわけですが、座り方を間違えると、骨盤に引っ張られて背骨が大きくたわむ。これが良くある猫背。この姿勢だと、重力に押しつぶされないように脊柱起立筋など背中側の筋が必要以上に頑張って上体を支える事になります。つまり知らず知らずの筋トレをしているようなものなので背中の筋肉はどんどん盛り上がってきます。

猫背の脚

つま先が少しでも内側を向くと、小指側、足裏の外側へ体重が掛かるようになります。するとフクラハギの内側はコリが生じて使えない筋肉に成っていきます。ドンドン加速すると・・・・

フクラハギの外側が膨らんで見えるクロスの脚

こんな風に脚をクロスして、足裏を浮かせて縁だけで立つようになります。ここまでいくとほとんど完全にふくらはぎの外側の筋だけで立つ事になります。猫背と同様に「知らず知らず筋トレ」状態。外側がドンドン盛りモリしてくるわわけです。
【わざわざ偏った使い方で筋トレしちゃってる】から、外側が膨らんでくるのです。
偏った筋肉を酷使していれば、張りや痛み、痺れが出てくるのも当然です。しつこい症状に良からぬ病気や神経うんぬんを考える人も居るようですが、ずっと筋トレしてるんだから・・・・ってだけのことです。

身体を動かしているのは筋肉です。つまり形を変えるのも歪ませるのもたわませるのも筋肉の成せる技です。筋肉は動きで育てられます。身体をどう動かすか・使うかで、筋バランスが崩れたり揃ったりするのです。
道具(身体)は使い方で形を変える。立ち方・座り方・歩き方・動き方です。
矯正なんぞで変えようとアレコレ悩まず、使い方を見直しましょう。小難しい横文字や奇想天外な理論、最新の医療機器も要りません。大切なことは、誰にでもわかる当たり前の中にこそあるのです。

ふくらはぎの外側が膨らんで見えたり、張りや痛みに悩んでいる人は、アレコレと悩む前にとにかく「キョーツケ」です!