卒業生お2人がそれぞれ見学者さんを伴っていらしてくれて、さらにもうひとり卒業生が遊びに来てくれました。
そんなわけで、不肖伊藤の目がしっかりいき届く範囲の少人数制を貫いている手力整体塾ですが、先日の教室は珍しく満員状態。しかも女性ばっかり9人!いやはやタジタジでした。

整体の学校手力整体塾

見学者さんがいらしたらその度に自己紹介をするのが慣わし。名前と顔を一度で覚えてもらうキャッチーなやつを準備しておくようお願いしていますが、回数を重ねる度にだんだんブラッシュアップされて、手短かつ印象に残る自己紹介が出来るようになってきました。当ブログの投稿者プロフィール欄も皆さん中々良いと思います。
『何で整体なのか』『卒業したらどうしたいのか』も合わせた自己紹介なので、その都度マインドセットにもなっています。卒業後も、折角踏み出した歩みを止めないよう、年に1回くらいは自己紹介文を書き直すと良いかもしれませんね。

 

開業するにしろサロンや整体院へ勤めるにしろ、認定後の展望が固まらないと中々卒業できません。認定試験はペーパー無し(突然小テストはありますが)実技のみ。期間は“出来るまで”ですから、目標を見失うといつまでも通い続けるハメになります。義務教育ではありません。自分の意思で入ってきたのだから自分の意思で出てもらいます。
手力整体塾は【手を資本に、自由自在な人生を楽しむためのスクール】です。自由と自己負担は比例しているんじゃないかと思います。

暗中模索期間を乗り越えて随分長く通ってくれたお2人が、ついに手力整体師認定となりました。リタイヤすることなく良くぞやり遂げて下さいました。

DSC05746-001

ここ1ヶ月ほどは目を見張る成長振り。やっぱり期限(伊藤が定めたわけでは有りませんが)のチカラは強力でした。そして五感で感じる事を最重要課題とした事も功を奏したようです。感じる・気付く・視野が広がる。今後はもっと色んなモノコトに感動したり楽しめたりするはずです。誰かの1歩の為に頑張って下さい。ずーっとサポートしますから。ありがとうございました。

 

極小隠れ家整体スクールですが、何物にも代えがたい『やれば出来る』という宝物と、1歩踏み出す勇気を完全相伝しています。