2015年最後の集中講座は本日が最終日。近々卒業を迎えられそうな塾生が数名いるので、本人の施術を動画に収めたり、しっかり時間を見ながらタイム感を養ったりしています。

一通りの基本手技が出来るようになったら、施術の様子をDVDに焼いて差し上げています。昔々バンドをやっていたお陰で、『歌でも施術でも上手くなりたかったら録音録画は必須でしょう』と思うパンチ伊藤の手力整体塾開講当初から続く独自サービス。自分は見えませんからね。ダメっぷりを確認して明確な改善点を認識しておきましょう。
当時は中々録画できませんでしたがデジタルデバイスの進化はホントありがたいです。

20151218

ボクサーが3分のタイム感を体に刻むように、手力整体師は15分のタイム感を体に刻みます。私達の10分は1000円が基本。だらだらと施術をしていたらあっという間に数千円が流れていきます。しかも、リラクゼーションならいざしらず目的が明確な施術なら時間は短い方が良い。同じ事が達成出来るなら短い時間で結果が出たほうが良いに決まってます。

時間は記憶に残らない。
2泊3日の旅行も1週間の旅行も帰ってきてしまえば大差ありません。時間の長さは記憶に残らず『何をしたか・何処に行ったか』体験だけが残ります。
ボヤっと長い施術ではなく短くてもしっかり記憶に残る施術を目指しましょう。

とは言え、対象のことをきちんと知ろうとしたら極端に短い施術は出来る訳ありません。10分1000円という勘定もなんだかちょっといやらしい。毎回全力だけど無駄に垂れ流さない施術。1回☓☓円の感覚がしっくりくると思います。

整体師1年生でも堂々と活躍するために

自分の施術を客観的に観察して記憶に残る良い施術が出来るようになったとしても、お客さん・患者さんが来なければ宝の持ち腐れです。下町ロケットみたいにコツコツ良いもの作っていればいつか花開くなんてのは妄想。良いもの作るのはひとつの条件でしかない。強み(個性)を明確にして発信しなければ誰の目にも留まりませんから一生花は開きません。

整体師としては1年生でも人生は何十年とやって来ているので、誰にでも必ず強みはあります。まぁ大抵はコンプレックスこそが最大の強みになると思います。

確実に失敗する方法

自分は、確実に成功するための方法は知らない。しかし、確実に失敗する方法なら知っている。それは、すべての人に好かれようとすることだ。

哲学者プラトンが残した言葉だそうです。
全ての人に好かれようとすると結局何者だかわからなくなってしまう。嫌われることを恐れていると誰からも好かれないってのは真理だと思います。

『腰痛肩こりお任せください!○○整体院』
誰からも嫌われない金太郎飴みたいなこんな整体院は確実に失敗します。さらに・・・・腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱管狭窄症・膝痛・変形性膝関節症・O脚・肩こり・手のしびれ・頚椎症・頭痛・めまい・耳鳴り・更年期障害・自律神経失調・・・e.t.c.。数々の適応例を挙列している何でも屋も同様。全ての人に好かれようとするのもやっぱり失敗するでしょう。
ダイエーやヨーカ堂の苦戦が良い例です。

1年生だからこその専門化

私は整体師1年生ですが腰痛歴は20年。ヘルニアの手術も経験しました。一昨年本物の整体(体育)に出会ったお陰ですっかり回復。コルセットや痛み止めからも開放されて、あの嫌な寝起きの腰痛も皆無。しかも大した努力もなく20kg痩せるおまけ付きで今に至ります。
整体師としての経験はまだまだなので色んな症状に対応は出来ませんが、ヘルニア(と称される)腰下肢痛、坐骨神経痛、などいわゆる【腰痛】に関しては少々自信があります。(腰痛カテゴリとかヘルニア体験記とかへリンク貼ったり)。
腰痛の恐怖を私は知っています。私の体験があなたの希望になりますように。
『腰椎ヘルニアで人生を諦めかけたかけた男の腰痛専門整体○○。』

とても不思議な事ですが、この業界ではなぜかベテランさんほど専門化している場合が目につきます。本当は逆であるべきだと思うのですがどうでしょう。1年生だから○○しかできない。この方が正直で清々しくて信用できるのではないでしょうか。体験に基づく専門化。それができれば整体師1年生だろうと臆することはありません。

世界にひとつだけの整体院、そのウェブサイトを作るにあたり過去と未来を繋ぐ。昨日一昨日の夜間は開業専門を謳う整体の学校手力整体塾が実はもっとも力を入れている時間なのでした。

整体の学校無料体験
卒業生のサイト一覧をつくりました。いつの間にか随分と増えましたな