今春の整体師認を目指す塾生の最終調整に入っております。
パズルのピースはもう全て渡しましたので、あとは繋げるだけ。繋げるにはひたすら『文章に起こす』という作業が圧倒的に効果的だと思います。避けては通れません。通しません。

手力整体塾には卒業の為の筆記試験というものはありませんが、施術の台本を書いていただきます。
対象の設定は自由ですけれど、物語がトンチンカンで繋がっていないものは受け取れません。んが、別にチャンスは1度きりではないので最初から完璧を目指す必要はさらさらありません。往々にして間違えた方が早く直せるものです。
同じ間違いを繰り返すのはダメですが、間違えを恐れて挑戦しないのはもっとダメです。

施術の方はとりあえず“出来る”所まではきました。最後のハードルは微調整ですが、身体の使い方にクセのある人にとってはちょっとハードルが高いかもしれません。

 

整体の学校手力整体塾

手首から肩甲骨までの連動が上手くいってません。これでは効かす良い圧は入らずすぐに疲れ果てます。重心が上ずってるのが根本的な原因ですね。

整体師を目指すなら、日頃から色んな身体の使い方をしておく事を強くおすすめします。ひとつのスポーツに長けるより色んな事をやっている人の方が身体のコントロール力は高いです。