今週の犬の整体師養成講座は、今年7月辻堂にオープンしたばかりのドッグケア・ホテル&整体“笑う犬”さんにご協力いただいての開催になりました。

犬の整体師養成講座

犬の整体師養成講座

モニターさんのワンちゃんと、笑う犬の看板犬を施術。
流石に犬慣れしているお二人。人間での練習も功を奏してか、コリを捉えて解いていく事は早くも様になってきました。

ストレッチをかける時にちょっとした違いで嫌がられることも体験。何かおかしな時に人間みたいにしなくて良い我慢をしませんから、良し悪しがすぐに分かってかえってありがたいですね。

当たり前の生理と自然の摂理をベースにしている手力整体だから、相手が人間でも犬でもやることは一緒。偏りを減らすために使える筋肉を少しでも増やす。コレにつきます。(筋力をアップするのとは違います。念のため)
食べ物の種類が多ければ栄養のバランスは勝手に取れます。同じように、身体中にある骨格筋すべてを自在に使えれば、勝手に理想的なバランスの良い姿勢・動きになります。

整体師として知っておきたい犬と人の大きな違い

犬には0度が無い
重力に対して1番無理なく無駄なく立つ二足直立を手に入れた人間には、0度の姿勢があります。
全ての骨格筋が元々の長さにある時に0度を指すので、コリを探す上でわかりやすい指標になりますが、四足で立ち、様々な品種改良をされてきた犬達には一貫した指標になる0度がありません。

犬にはプラセボが効かない
人間に対してはプラセボ以上に効果のある薬は未だにありませんが、犬にとっては有名な先生も高いサプリもマインドコントロールも関係ありません。
逆に言えば肉体的(ある意味物理的)に変化を感じれば、素直に動きが変わるメリットがあります。プラセボ(placebo)が無ければノセボ(nocebo)も無い。効果のあるなしはひと目でわかります。

どんなに上手いこと施術ができたとしても、最終的には好き嫌いを無くしてもらわにゃならんのですが、『私○○なんです』などという思い込みが邪魔をしないのは大きなメリット。口先や肩書に頼らず純粋に腕で勝負できるのが犬の整体師です。
(ただしお金を払うのは飼い主さんだということを忘れちゃいけませんが)

 

ところで・・・・
笑う犬さんの看板犬、パグの店長ことブーシェ君と、ナントカカントカテリアの女将ことダナちゃん。

パグ

スッタッフォードシャー・ブル・テリア

正直短毛の犬にはあんまり惹かれなかったワタクシですが、ダナちゃん可愛い過ぎる!ピットブルの元になった犬種らしいけれど、闘犬としての血を濃くしていったピットブルに対して、枝分かれした小さくて人懐こい方らしい。もうホントとにかく可愛いったらない。

スッタッフォードシャー・ブル・テリア

これだけ筋肉隆々だと、短毛でも触ってて気持ち良い(笑)まるで鎖骨のような胸筋が素敵。

スッタッフォードシャー・ブル・テリア

キミ~、イイネ~。こんな子が居たらずーっと一緒に遊べる自信があります。つまり輪をかけてダメ人間になってしまうので飼えません、ワタクシ。

ドッグケア・ホテル&整体“笑う犬”

とにかく5期生の高橋さんと看板犬の2匹。7期生を暖かく迎えてくれてありがとうございました。
ドッグケア・ホテル&整体“笑う犬”はこちら>>>

他にも犬の整体が受けられる施設が続々ふえています。
ワンちゃんのためのトータル施設エマーブル - 厚木市
トリミングと犬の整体 ドッグケア - 山梨県笛吹市
トリミングサロン&ホテル 犬の美容室 - 沖縄県宮古島市
ホームステイ型ペットホテル セカンドマム - 千葉県市川市

(認定者でWEBサイトをお持ちの方はお知らせください)