整体はサービス。商品は・・・・

1月生にもそろそろ必要と判断し、マーケティングの講義をおこないました。

整体はサービス業です。
じゃあそのサービスの質が高ければ売れるのかというと、そうでもありません。
この辺は携帯電話を買うつもりになると結構見えてきたりします。
通信会社各社のサービスと、携帯電話その物の商品。あなたはどちらで選ぶでしょうか。

さらに一歩突っ込んで、どんな販売員から買いたいでしょうか。

桜

さあ、色々始まる春です。
教室そばの桜もほころびはじめました。
学校としてはいささか頼りない手力整体塾にも、問い合わせが増えてきました。
ありがとうございます。

塾生卒業生を対象とした親睦会というなのタケノコ堀&BBQ、4/24(土)に決定!
ご家族友人お誘い合わせの上、みんなで楽しみましょう。詳しくは塾生BBSで。

整体スクール詳細はこちら>>>

 

腰痛膝痛おまかせセミナー

13日土曜日、腰痛膝痛おまかせセミナーと題してスポット講座を開講しました。
『肩こり撃退セミナー』に引き続き、遠く福岡からのリピート参加もありました。
本当にありがとうございます。

原理原則にのっとって、とにかくシンプルに身体を診るということを伝えたつもりです。が、回数を重ねてもう少しブラッシュアップが必要ですね。まだ言葉が多すぎる。ちょっと反省です。

あと、いつものことですが、カメラをセッティングしているにもかかわらず、写真を撮り忘れました。まったく、学習能力がありません。

そんな私の元にも、4月から新たに2名の方が学びに来てくださる事になりました。ありがとうございます。お陰様でしばらく塾生の募集はお休みさせていただきます。

 

本当にやりたいなら誰でもやる

わたくしごとですが。

釣りに行きたい時は何が何でも行きます。寝なかろうが食事を取れなかろうが金が無かろうが、お構い無しです。だってやりたいから。

整体で独立して手に入れたい理想のスタイルがあったので、最初の3年ほどはほとんど釣りにも行きませんでした。だってやりたかったから。

あなたもついつい寝る間を惜しんでやってしまうことがあると思います。本当にやりたかったら誰だってそうなるはず。
整体で独立するために必要な事をお伝えしていますが、出来るか出来ないかは『本当にやりたいかどうか』に掛かっていると思います。

ここにキレイ事や空気をよむなんて事は必要ありません。

手力整体をマスターしてどうするのか、どうしたいのかは、最初にも皆さんにお聞きしますが、『本当にやりたい事』を常に探りながら授業は進みます。みんなでいつも笑って楽しんでいから。

アマゾン

今日は頚肩の施術。手ごわい筋肉がいくつかあってやりがいがあります。

明日はいよいよ2度目のスポット講座【腰痛膝痛おまかせセミナー】です。
突貫作業でようやく資料が出来上がりました。頑張ります。

 

間欠性破行 – 脊柱管狭窄?

『少ししか歩けない人』の話が塾生から出たので、一緒に考えました。

<間欠性破行>
少し歩くと(ひどいと2、30m)腰下肢に痛みが出る。前かがみになったりしてしばらく休むと、また少し歩ける・・・・を繰り返す状態。腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状と言われています。

間欠性破行

なぜ間欠性破行が起こるか。
ベーシックな事がしっかり頭に入っていれば、さして悩む事も無く答えが出ます。事実、1月から参加の塾生だって、う~んと唸りながらもスッキリしてしまいました。

脊柱管狭窄症だから・・・・ではありませんよ。念のため。だとしたら私達の出る幕はありません。

あなたは何キロ歩けますか?5キロくらいでどこか痛くなるでしょうか。
いつも歩いている人だったら、30キロくらいは痛みもなく歩けるかもしれませんね。
この差はなんでしょう。背骨の違いでしょうか。

5キロで痛みが出たあなたも、ちょっと休んだらもう少し歩けますよね。
それは何故でしょうか。

普通は何キロ歩けるんですか?
普通ってなんでしょうか。

すいません、こうやっていじめるの結構好きです。
卒業生へ連絡
親睦会という名の『タケノコ堀&BBQ』やります。詳しくは塾生BBSで。

 

体系の再生

体系・・・・by大辞泉
1、個々別々の認識を一定の原理に従って論理的に組織した知識の全体。
2、個々の部分が相互に連関して全体としてまとまった機能を果たす組織体。

最近私の頭の中でグルグルまわっている言葉、『体系』。

『身体はひとつのもの』と常々言わせてもらっていますが、つまりは体系としてとらえ、それを整えていく事が整体だと思うわけです。

私達の体は、1年ほどで全ての細胞が入れ変わっているにもかかわらず、容姿はほとんど変わらないという凄い力があります。恒常性、元に戻ろうとする力です。

つまり、体系(システム)が整ってさえいれば、勝手に治るんです。

腰痛や膝痛を治すのではなく、腰痛や膝痛になった『体系』の再生が目標。
痛みを取るのはひとつのプロセスです。

 

整体スクール4月生募集開始

2月28日は久しぶりに見学の方が来てくれました。
いつもは塾生に対応をお願いしているのですが、久しぶりとあってちょっと喋りすぎました。反省。

私はマーケティングに関してはまだまだひよっこなので、上手くアピールする事ができず、正直、見学や入塾を希望してくれる人は未だ少ないのです。それでも、何時間もかけて会いにきたり、通ってくれる人がいます。本当に感謝です。ありがとうございます。

そんな方々の期待を裏切るような事は出来ないので、私に出来る事は何なのか、私だから伝えられる事は何なのか、いつも考えています。
『とにかく楽しんでもらいたい!』『体はもっと快適になる』『人生も自在に出来る』
整体はそんなことを伝えるためのツールだと思っています。頑張ります。

 

膝痛が診れて一人前 – 母に認められた時

母は相当なコリ性で、私がもの心付いた時には、あんまマッサージ・鍼灸・カイロ・吸角・ゲルマニューム温浴とありとあらゆる療法を受けていました。(カイロとかゲルマを30年も前に受けていたんだから恐れ入ります)

そんな母がいたから私はこの道に進んだのかもしれませんが、それでも当初は反対されました。閉鎖された院も知ってるはずですからしかたありませんが。

反対を押し切って、整体師になった私が母に沢山施術をしたかというと、そうでもありません。家族はお互いに甘えが生じるので、実践的な臨床は得られないから。レベルが違いますが、外科医も家族の手術はしなそうです。
だからなのか、整体一本で食えるようになってからも、母に認められた感じはありませんでした。

それから数年。
そんな母から『ちょっと膝見てくんない』と電話。
階段を一歩ずつしか上り下り出来ないほど痛むらしく、『明日から旅行なのに・・・』と泣き言を言ってきました。

『どれどれ』と簡単な施術をした(この辺が家族のダメなところ)翌日、『治ったわ!嘘みたい』と余計な一言を吐き捨てて(この辺は受け継いでる)洋々と旅行に出掛けていきました。

その後、頼んでもいないのに患者さんを紹介してくれるようになって、療法マニアの母にようやく一人前として認められたようでした。

  • 『関節が痛い』と思っているので、膝痛を取ると驚かれます。
  • 膝痛をきちんと診れる人はあまりいないので、重宝がられます。