姿勢にこだわる

整体の学校手力整体塾が一番こだわっているのは、姿勢です。

これには色んな意味がありますが、ひとつは施術をする際の術者の姿勢

どんな姿勢で施術するかで、その良し悪しが決まるといっても過言ではありません。
不思議ですが、受け手の感じ方がまるで変わってしまう。
もし施術して疲れるようなら、折角の技も効いていません。姿勢を見直しましょう。

整体の学校11月生
2010年6人目の塾生は、更なる成長のために当スクールを選んでくれた柔整師さん。何はともあれ自分の姿勢矯正からです。頑張りましょう。プロの職人が仕事をして疲れてはダメです。

 

隠れたコリの探し方を身につけよう

問診、視診、触診、動診、脈診、嗅診e.t.c.。
施術をおこなう時の指標は沢山ありますが、全部を一度にマスターしようとしたら、施術ができるようになるまでに何年もかかるでしょう。

手力整体塾では、まず動診を徹底的にマスターしてもらいます。
不具合や施術の効果も、患者さん共々客観的に判断できて、なおかつ一番簡単だと思うのですがどうでしょうか。

動診以外の指標で、素晴らしい施術を出来る人もいるでしょうが、それは達人レベル。
経験や勘がものをいう世界です。
私のような経験が少ない凡人は、勘で施術をしてはいけません。

関節稼動域のスタンダードとそれにまつわる筋肉が頭に入っていれば、ほぐすべきトリガーポイントは動作から用意に探せます。

 

整体師だけが道ではない

卒業生がおこなったセミナーをきっかけに、面白い反応が起こっています。

整体の学校

整体をならって整体師になる・・・・という事にどうもピンと来ていなかった塾生が、突然サランラップの芯を持ってきて、『これでこうすると良く眠れんんです』とプチ講座。流暢に喋る姿はすっかり先生の風格でした。

好きで続けてきた事なら、変に構えず、されど堂々とできる。

整体を習ったとしても、整体師にならなきゃいけないわけではありません。