整体とはなにか?

整体とは何か?に対して、とてもザックリと『体のバランスを整え免疫活性を促すもの』などという説明を良く目にすると思います。包括する協会や団体がないので数えきれないほど多岐にわたってしまい、一言で表そうとすると漠然としたものになってしまう状況なのは間違いありません。

整体を“整体”の文字で世に広めたのは、かの野口整体創始野口晴哉氏です。詳しい事の起こりなどはwikipediaでも見てもらうとして、ここでは伊藤の個人的見解をメインに整体とはなにか?を説いてみたいと思います。

似たようなのが沢山ある療法の世界

一般の方が先ず戸惑うのは、何だか似たようなのがいっぱいあって何をどうやって判断して選んだら良いのか?というところだと思います。ので、まずは“似たような奴”をまとめてみます。

手技療法一覧
(手を用いて行なう療法を総じて手技療法・徒手療法などと呼びます)

あん摩指圧マッサージ(鍼灸)、柔道整復(接骨)、理学療法・作業療法士。
上記は全て国家資格。あはき師(あん摩鍼灸師)は治療行為・医業類似行為が可能。柔整は骨折・脱臼・捻挫・打撲に限る柔道整復業。共に独立が可能。理学療法・作業療法士は医師の診断のもとでのみ治療行為が行えます(独立した治療は不可)。

以下は全て民間資格の療法・療術です。その他の医業類似行為と呼ばれることもありますが治療行為は行えません。(ショッピングモールなどに入っているチェーン店は全部こっち)

整体、推拿、足裏(足ツボ、リフレクソロジー)、カイロプラティック、オステオパシー、クラニオセイクラル、リンパドレナージュ、ロミロミ、タイ古式マッサージ、整膚、骨盤なんちゃら、小顔なんちゃら・・・e.t.c.

医業類似行為とか代替医療とか民間療法とか○○院とか、何かと医療っぽい言葉がついてまわる業界ですが、日本で民間療法に位置づけられているものはぶっちゃけ全て慰安です。
どんなに凄そうな先生でも『治る』とか『治す』とか言った時点で薬事法に抵触してアウト。触ればわかるとか言って診断を下したら医師法に抵触してアウトです。
(もしどこかにそんな民間療法の先生が居たらジャンジャン訴えましょう)

療法選びは人選びです。合うかどうかは受けてみなければわかりませんが、最低限ルールを守っている先生を選ぶようにしましょう

知恵を伝えるために施術・手技がある

整体師さんが良く口にする『バランス』。さて何のバランスを診ているかというと・・・

肉体的な左右のバランス、屈筋群と伸筋群、インナーマッスルとアウターマッスル、上半身と下半身、重心と支点、栄養のバランス、理性と本能、意識と無意識、思考と行動、運動と反射、吸気と呼気、交感神経と副交感神経などなど。他は分かりませんが手力整体的には沢山あります。

バランス

肉体の隅々を過不足なく使えているかどうか。五感と感情に偏りはないか。身体に触りながらお話をしながらクライアントと一緒に考察探求をしていく。その過程に施術・手技があります。(だから部分的な施術というのはもの凄くハードルが高いのです。肩だけ15分とか出来る人はそんじょそこらに居ない。やめたほうが良い。)

身体の中に悪はありません。バランスが崩れている要因は身体の外にあります。だから手技だけで完結することはありえません。手技は過程です

まだトラックに乗っている時に痔瘻の手術をしたことがありますが、担当ドクターは普通に『再発しますよ』と仰っていました。手術は病変を取り除いただけ。元を断ったわけではない。名医はさすが本質をわかっていらっしゃる。

つまり治療と称されるものも、実際のところは症状を抑えるか免疫を上げるかのどちらかでしかないのです。治しているのは自分の身体。再発を防ぐためには外部要因を変える必要がある。
そこで整体の出番。治療はできない民間療法ですが外部要因を変えるアドバイスは出来るのです。

整体とは健康・元気の概念です

野口氏は昭和30年代に治療を手放して“体育”に専念したそうで、これはトリガーポイントブロックの第一人者加茂先生のお師匠さんが仰っていた『医者が治そうとすると医療はダメになる』に通じるように思います。本当の治療家はやるべき事とやっちゃいけない事をわかってらっしゃる。

エセ整体師のワタクシは大変無礼なことに野口氏の著書を1冊たりとも読んでいないのですが、ここ数年のテーマはまさに“如何に施術を手放すか”ということ。『整体は健康の概念だ』が近頃の口癖(笑)。恐れ多くも大先生が目指した方向と似た軌道を描きはじめているようです。

健康で元気な人を増やすには療術家が一生懸命施術をしては駄目。概念を伝えるためにほんの少しだけ手技をおこなう。そんな展開が理想のように思います。

整体とはなにか

療術家にとって一番大切な仕事は自らの健康づくりです。自らを“整体”におくよう励む。体験が多ければおのずとバランスは取れてくる事を体現する。そのためにしっかり遊ぶ。

近頃食育は随分盛んになりましたけれど、負けないくらい本当の意味での体育を広めるのが整体師の使命なのだと思います。
手力整体塾の卒業生はみんな元気!なのでほんの少しずつ実現できているようです。

整体とは健康の概念です。健康に特化したホーリズムといえるかもしれません。なので、施術・手技だけで完結してしまう先生はちょっと疑いましょう。
施術を受けるにしても習うにしても、沢山相談に乗ってくれる人、整った身体へ向かうためのアドバイスをきちんとしてくれる人を選ぶのが良いと思います。

整体の学校無料体験