手に職!で開業・副業の情報発信中。シンプルな理論で『アナタらしく』を応援する小さな整体の学校

整体・マッサージなど手技療法の資格 – 分類と比較

整体の勉強始める前に

整体・マッサージ・接骨院など。違いを明確に知っておこう

『何だか似たようなのが資格が沢山あって違いがはっきりわからない』
これから手技療法の勉強を始めようとする時まず悩む事だと思います。
このページでは数々の手技療法の実態を、資格取得にかかる期間と費用、実際の働き方などで比べてみました。参考になれば幸いです。

独立系国家資格

まずは独立開業できる国家資格ビッグ3。

あん摩マッサージ指圧師

期間:3~4年 費用400万~500万円
一般的にマッサージ師と呼ばれる資格。法律上の正しい表記はあん摩マッサージ指圧師。3つの師が混ざっているが一つの国家資格。4年制の大学か3年制の短大・専門学校で学び国家試験の受験資格を得る。

鍼灸師

期間:3~4年 費用400万~500万円
鍼師、灸師それぞれ別の国家資格。学校は同じ鍼灸大学(4年)や短大・専門学校(3年)で、受験の際の申し出によってどちらか一方の試験を免除されるようです。

【医業類似行為】
マッサージ・鍼灸とも『あはき法』のもと独立開業ができ、治療行為を行える国家資格。(養成施設一覧はこちら>>>)。医業類似行為ともいう。医師の同意があれば健康保険も適用。市区長への届け出をへて助成券なども発行できる。実際は手続き等が面倒らしく自由診療(自費)がほとんど。開業の際は保健所への届け出が必要。

当然ながらあん摩マッサージ指圧は、あん摩マッサージ指圧師にしか許されていませんし、鍼灸は鍼灸師しか許されていません。それ以外の人が名称を名乗れば詐欺になります。(マッサージの定義についてはこちら>>>

柔道整復師

期間:3~4年 費用400万~500万円
いわゆる接骨院。ほねつぎ。その名の通り柔術の技術をもちいて、骨折・捻挫・脱臼・打撲の処置・治療をするための国家資格。3年もしくは4年制の専門学校、短期大学、大学で国家資格の受験資格を得る。柔道・柔術の実技が必須な学校も。(養成施設一覧>>>)。柔道整復師法のもと『骨折・捻挫・脱臼・打撲』については健康保険適用で施術が可能。あはき師の医業類似行為に対してこちらは柔道整復業。
慢性的な腰痛・肩こりなどを腰部捻挫・頚椎捻挫などとした保険の不正請求があまりに多く社会問題となっている。
治療時間は15分。マッサージ師ではないので指圧・マッサージは当然不可ですが、整復に必要な範囲のマッサージは可。

以上が独立開業できる国家資格ビッグ3。大きい声では言えませんが驚いたことに実技試験はありません。資格を取得した後に実践的な整体などを学び直す方が大勢いらっしゃいます。調理師なども含め実技試験が無い国家資格試験は以外に多い。不思議な国です。

理学療法士(PT)作業療法士(OT)

期間:3~4年 費用:約500万円
病院併設のリハビリ施設で治療を行なうための資格。独立した治療は不可。
理学療法士 wikipedia
3~4年の大学・短大・専門学校での勉強を経て国家試験を受験する国家資格。平成24年の段階で理学療法士だけで10万人もいるそうで、類似資格者も関わっていて仕事は奪い合い。リハビリに積極的な病院も残念なことに多くはありません。

理学療法士は歩行など主に下半身の機能回復、作業療法士は作業(つまり手。)に関わる上半身の回復をアシストするのだそうです。正直いかにも国家資格な分け方で驚きました。

リハビリ

民間資格・民間療法

整体師

期間:数日~数年 費用:数万円~数百万円
諸説ありますが、整体を“整体”の字で世に広めたのは野口整体創始野口晴哉氏で間違いないと思います。
あん摩指圧マッサージ師を法制化する際に、同様の扱いをする案もあったようですが『療術はあん摩ではない』と反対があったそうです。その後何度も統一に向けた動きはありましたが細分化著しく今に至ります。細分化が著しいので習得期間も費用も内容も千差万別。

以下の民間療法同様、○○省認可とか○○協会認定とか○○大臣認可などありますが、どれもこれも意味はまったくありません。

カイロプラクティック

期間:1年~4年 費用:100万~500万円
1895年にアメリカのダニエル・デビッド・パーマーによって創始された手技療法。名前の由来は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技術」を意味する造語。WHOでは補完代替医療として位置づけています。

身体の不調は脊椎を主体とした骨格の異常にあると考え、関節のアジャストメントやマニピュレーションをおこなう。
日本に公的資格はなく整体同様魑魅魍魎の住む世界。

オステオパシー

期間:4年 費用:400万~500万円
1874年にアメリカミズーリ州のカークスビル在住の医師アンドリュー・テイラー・スティル (Andrew Taylor Still)によって創始された。

大正の頃にカイロプラクティックなどとともに日本へ。日本ではカイロ同様手技だけが取り沙汰されているようですが、本来は手技だけにとどまらず、『1. 身体全体をひとつのユニットとして考える、2. 身体の機能と構造は一体のものであると考える、3. 自然治癒力を鼓舞することを主眼とする』など、手力整体に近いかも。

推拿

期間:数日~2年 費用:数万円~200万円
平たく言えば中国のあん摩。中国では治療行為可能な中医学の国家資格。

リフレクソロジー・足ツボ・足裏

期間:数日~2年ほど 費用数万円~100万円
足裏反射区(リフレクソロジー)と足ツボは厳密には違うものですが、きっと一般的には同じように捉えられていると思います。
ポドロジーなどと称し角質や魚の目を削るのは、日本では医療行為に当たると思います。注意しましょう。

アーユルヴェーダ・タイ古式マッサージ・ロミロミ・・・e.t.c.

インド・ネパール・タイ・ハワイ。それぞれの国では医療行為で立派な国家資格ですが、日本で行われる場合はやっぱり単なる慰安。民間療法です。

民間療法は医療行為ではありません(治療はできません)

某国ではドクターを名乗れたりきちんとした国家資格だったりするものもありますが、日本ではすべて“民間療法”と位置づけされています。その他の医業類似行為と呼ばれた判例もありますが基本的に慰安。『毒にも薬にもならないから』と許されている行為です。(その辺りの詳しいことは関連する法律の章を参照してください)

正直申し上げて『おばあちゃんの知恵』みたいな民間療法を習得するのに100万円も掛けるのは頂けません。400万円とか頭おかしい。狂気の沙汰だと思います。どれだけ時間とお金をかけても日本ではタダの人です。
それだけお金があったら世界一周でもして人としての魅力を養ったほうが良いでしょう。

世界で見聞を広める

整体は健康・元気の概念。体育です。

民間療法では診断も治療もできません。もしおこなったら医師法・薬事法に抵触して逮捕です。『治す』『治る』などの言葉を平気で使うのも『腰痛おまかせください』と言って手技だけで完結してしまうのも、おかしな話なのです。

他の療法、他の整体学校はどうかわかりませんが、手力整体塾では『手技は過程』と考えます。
たとえ医療でも疾病を治すのは本人の身体(免疫)。再発を防ぐためには外部要因を変える必要があります。治療ができない民間療法なら尚の事、外部要因を変えるアドバイスが必須なはずです。

“整体”を広めた野口晴哉氏もおしゃっているよう『整体は体育』です。矯正することでもコリを取ることでも無く、健康で元気な体を育むための概念こそが整体。それを伝え広めるため、立証するために手技があります。

だから手技は過程。整体師(手力整体師)とは手技をおこなう人ではなく、患者さんと同じ方向を見て寄り添いながら健康・元気へ向かう身体の使い方・心のあり方などを説いていく人の事です。

整体の学校無料体験

公式ブログ最近の投稿

メールマガジン

整体で独立!自由自在に楽しむ7つのステップ
女性102人に取ったアンケート付きで無料配信中。メールアドレスをご記入の上、送信ボタンを押して下さい。(gmail.com、live.jpなど、迷惑メールフォルダに入る場合があります。ご確認ください。)

手力整塾@からだ応援団

横浜・新横浜から乗り換え無し
〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-6-6
ニュー椿荘302
塾長:パンチ伊藤

誰かの1歩のために

1歩踏み出せば世界は変わると確信しています。知る事・繋ぐ事。恐怖が小さくなれば1歩が出せます。
難しそうに思える身体の事を、ベーシックなところで繋いでわかりやすく。
『もう少しだけ先へ』
全ては誰かの1歩のために。

 

手力整体塾塾長パンチ伊藤

PAGETOP
Copyright © 2006-2017 Tedikara Seitai School All Rights Reserved.