生放送のトーク番組出演からはじまった2015年はその後も面白い事目白押し。

ワタクシがガラスの十代だった頃、世の中は空前のバンドブームでした。で、湘南のロック小僧たちのオアシスだったのが『BOW』。1Fがギターとベース、2Fがキーボードとドラム、3Fが練習スタジオ、4Fがライブハウスという、今じゃ考えられない一大音楽ビル。100人も入れば酸欠になっちゃうようなライブハウスには、後にウルトラビッグになった錚々たる人達も出演していた湘南ROCKの聖地。
アンプラグド全盛、バンドブーム衰退と共に縮小~閉店してしまいましたが(2009年に楽器部門は復活しております)、BOWから繋がった“縁”は20年の歳月を超えても切れずに残っておりました。

BOW同窓会的ライブ打ち上げ

写真は龍麿ブログより拝借

藤沢BOW第一期生的同窓会ライヴ『あの頃も僕等はアホでした』by 東野圭吾風

●出演(出演順)
・丸岡浩司
・てつろう
・野口薫
・井上慎二郎
・Chirolyn
「サポートメンバー Perc 堀江 毅」
EL CRACK BABY’S(丸岡浩司 野口カオル てつろう)によるセッション、井上慎二郎 Chirolyn 堀江毅によるセッションでPOISON!

今だから出来る超豪華な出演陣(笑)。こんなイベントに誘ってもらえる自分で居れて良かった。誘ってくれてありがとう丸ちゃん。それぞれ単独での弾き語り活動を経て、今一緒に出した音は凄い事になってました。仕事も音楽も1人で全部やってみると気付き100倍、感謝も100倍。やっぱり繋がりや絆は自立ありきなんじゃないかと思う。兎にも角にもウルトラ楽しかった!

で、翌週。4日間集中講座中日の18(日)は、毎年恒例の新春“望”年会。
昨年の反省なんかしなくて良いから今年の抱負を発表しつつ盛り上がりましょうという会です。手力整体塾の塾生・卒業生はもちろん、某整体学校で非常勤講師をしていた時の教え子さんや、整体繋がりのはじめましてさんまで参加してくれるのです。もうホントね、参加してくれることが嬉しくてしょうがない。

手力整体塾新春望年会

数年振りの方もチラホラ。だけどここもしっかり繋がってる。ホントありがとう。ちょうどこの日に卒業した人がいたのでついでに記念撮影。皆にお祝いしてもらいました。

手力整体塾新春望年会

23~66歳の老若男女。それぞれキャラクターがあって何の集まりかさっぱりわからない混沌振り。でもやっぱりそれぞれの目標を見据えて頑張っている人達なのでとっても気持ち良い。ボクはこの人達が大好きです。みんな最高!

しっかり閉店まで居酒屋にいて、有志は始発まで歌い踊るのです。

手力整体塾新春望年会

20代に負けない元気な○○代が若干1名。いやいや、負けないどころか1番元気だから凄い。滅多やたらとに元気になりたい人は整体fightの原さんに施術してもらうと良い。間違いない。今回のカラオケはなんと言ってもミオヤマザキ実妹が歌う『民法第709条』だ!いや~ウケタウケタ。姉妹とも頑張ってね。あ、ちなみに伊藤もそこそこ歌自慢です。釣りバカ整体師はまだ第三の矢を隠し持っているのです。がははっ。

 
翌日(というか当日午後)は4日集中最終日だったわけですが、初オールを体験した乙女の視線はどこか遠くを見ていました。たまには良いリセットになると思うけど大丈夫だったかな。

8(木)生放送の後何度か再放送された『五畳半の狼』。番組サイトで動画が見られるようになりました。リハーサルもほとんど無かったため『驚くと人は黙る』という素のリアクションが見られます。