たまにはちょっと真面目に筋肉のお勉強。

私達の身体を支持する組織群、わかりやすくいうと内蔵やら中枢を除く運動器は、硬組織(骨・軟骨)と、軟部組織(軟組織)に分けられます。
解剖学上の軟部組織は

  • 皮膚(表皮・真皮)
  • 脂肪
  • 筋・筋膜
  • 靭帯
  • 末梢神経繊維
  • 血管

以上。はい、セルライトなぞ存在しませんので念のため。

これら軟部組織のうち能動的に動く(動かせる)のは筋肉と血管だけ。自律神経の作用によってのみ動く血管と違い、筋肉のほとんどは自律神経・運動神経どちらでも動き、動かすことが出来ます。

対して他の軟部組織は受動的に“動かされる”もの。

筋肉の両端で骨への付着部として肥厚している『腱』は強力なゴムのようなもの。引っ張られれば元へ戻ろうとしますが、それ自体に長さを変える能力はありません。

『靭帯』は関節で骨同士を繋ぐ強靭なロープ。伸びることも縮むこともなく、万が一伸びてしまったら元へ戻ることも出来ません。(とてもメジャーな腸脛靭帯。ココがなぜ“靭帯”を名乗るか解せません。腸脛腱が正しいように思います。語呂は悪いけどw)

皮膚や脂肪、末梢神経も当然それぞれの役割がありますが、能動的に動いて骨格の動きに作用することは出来ません。つまり其処へアプローチして姿勢や動作を変えようとするのはちゃんちゃらおかしいわけで、間接的に筋肉や末梢(意識・脳)へアプローチしているというのが実態だと思います。
リンパというものは免疫系で運動器ではありませんので、リンパをどうこうして形や動きを整える(矯正する)というのも、考えてみればおかしな話です。

筋肉の分類

解剖テキストにも筋の分類をまとめていますが、今回は特に遅筋(赤筋)・速筋(白筋)についてもうちょっと深くエグッてみます。

軟部組織のうち能動的に動かせる骨格筋は、400種以上で体重の50%ほどをを占めます。先日のエントリでも書いたように、元を正せば10μm~150μmと極細の筋線維の束。で、その繊維の中に、赤みが強いものとそうでないものがあります。

遅筋/赤筋=Ⅰ型筋線維

Ⅰ型筋繊維(遅筋・赤筋)は、ミオグロビン(別名:筋肉ヘモグロビン)が筋繊維中に沢山含まれ毛細血管も多いため赤色を呈す。ミオグロビンが蓄えている酸素を使って”有酸素”で代謝出来るため持久力に長けていますが、収縮する力は弱く瞬発的な収縮も出来ません。

速筋/白筋=Ⅱ型b筋繊維

Ⅱ型b筋繊維(速筋・白筋)はミオグロビンが少ないので白っぽく見える。代わりにグリコーゲンを使って”無酸素”で瞬発的かつ強力な力を発揮できる。とは言え無酸素なので持久力はありません。

中間筋繊維=Ⅱ型a筋線維

Ⅱ型a筋繊維(中間筋繊維とも)はミオグロビンも毛細血管もそこそこ有り赤身を帯びつつも瞬発的な力を発揮できる、まさにⅠ型とⅡ型bの中間。だもんでピンク筋などとも呼ばれるようです。(ほんの10年くらい前にわかったことみたいです。人間にはあまり無いとされています。参考:猿のハムストと四頭筋の筋繊維分布

赤筋・白筋と筋肉ごとに分かれているわけではなく、すべての筋肉にそれぞれが含まれていて、Ⅰ型(遅筋)が多い筋肉とかⅡ型(速筋)が多い筋肉と言う具合になっています。
どの筋にどの筋繊維が多いかはおのずと見当がつきますが、割合は遺伝的に人それぞれ決まっていてトレーニングなどで後天的に変えることは難しいようです。
*最近の研究では白筋の赤筋化は可能かもしれないと言われています。(反対は無理)

息を止めて運動することを”無酸素運動”だと勘違いしている人は結構居るのじゃないでしょうか。負荷とスピードを伴う動きで、酸素を使わずに速筋/白筋が働くことを無酸素運動というのです。反対の“有酸素運動”も、しっかり呼吸しながら運動・・・することではなく、負荷の少ない動きで遅筋/赤筋が酸素を使いながら代謝することを有酸素運動と言います。

魚の遅筋速筋

ここで終わったら只の勉強ブログ。ここからが手力整体塾の本領w。遅筋/赤筋、速筋/白筋を1番分かりやすく理解できるのがお刺身です。

お刺身

タイやヒラメなどいわゆる白身魚は、捕食や危険回避の時以外あまり泳がない居付きの魚。『血合い』もほとんどなく身の大半を真っ白な速筋繊維が占める無酸素運動の魚。泳ぎ続けることが出来ないのです。

マグロやカツオといった赤身魚の代表は、どっからどう見ても赤筋繊維が豊富なのが一目瞭然。一見白身に見えるブリやアジ、イワシなど『青物』と呼ばれる魚も、血合いが豊富で回遊性も高く、有酸素運動で常に泳いでいる魚です。(青魚が赤身。ちょっとややこしいw)

遅筋/赤筋の方が柔らかいのもお刺身だと良くわかりますね。マグロやカツオは厚く切るけれど、タイやヒラメは薄目に切る。白身(速筋)の最たるフグなんて歯ごたえが凄いので向こうが透けるくらいに薄く切るのが常です。
(但しこれ死んだ肉の話です。生きている時は赤身魚の方がパンと張った固い身をしているように思います。)

さてここで「鮭はどっち?」って思った方いますか?実はあれ白身/速筋です。オキアミなど甲殻類を食べる事で生じるカロチノイド色素で紅色になります。養殖で甲殻類系の餌を与えれば、大きさににかかわらず赤い身を作れるんだそうです。

魚からみる筋肉の話し

血合肉のはなし

マグロは尾びれ近くや骨の近くに血合いがありますが、アジやブリなどは皮目に多くあります。タイやヒラメなど一部の白身魚も皮目に薄く血合肉がありますね。
水の中では姿勢の維持に筋力を必要としません。その代わり、少しでも長く泳ぐために、血合い(最たる赤筋)が尾の近くや骨から離れた場所にあるのです。
遅筋/赤筋繊維がアウターに多くあるというのは、人間からみるとちょっと不思議。まぁ、アジなんてゼイゴ(いわば皮より外側の骨)があったり皮のすぐ下に骨のある魚もいるので、生き物というのはホント面白いものです。

zeigo

魚の血合いを見てもわかるように、動かす為の筋肉は骨から離れていたほうが効率良いので、人間の場合も身体を動かすための筋肉はアウターにあります。
重力のある地上だととにかく姿勢を維持し続けなければならないので、動かすためのアウターよりも骨の近くで動きを抑えるインナーマッスルに遅筋/赤筋繊維が豊富にあるのは解剖しなくても合点がいきます。

俗に言う『筋トレ』をおすすめしない理由がここにあるのです。皆さんが良くやる動きを伴う筋トレでは、アウターの筋にばかり刺激が入ってしまい、生きるために肝心な遅筋を多く含むインナーマッスルのトレーニングになりません。

白筋の瞬発力で駆け抜ける短くて太い人生も悪くないでしょうけれど、人生は案外長い。

筋肉ムキムキでは燃費が悪過ぎます。無酸素運動ゆえ循環が追いつかず、直ぐに疲労物質が湧いてきます。格闘技の世界でも、ムキムキマンは短期決戦でしか結果が出ません。ボブサップ、アリスターオーフレイム、ケビンランデルマン、見事にみんなスタミナが無かった。筋肉隆々とは違い一見プヨっとした感じのヒョードルは無尽蔵のスタミナでしたな。

何を目的にどの筋肉を発達させるのか。ここを取り違えると努力は水の泡。どれだけ頑張っても結果はついてきません。
何かの競技に参加しているならいざしらず、“健康”を目的とするなら遅筋をしっかり使えるようにしておきましょう。

遅筋/赤筋(インナーに多め)を使えず、速筋/白筋(アウターに多め)に姿勢維持という持久力を求めるから直ぐに背中や腰が痛くなるのです。骨の近くにある真っ赤な血合肉、Ⅰ型筋線維を有効に使うべく、姿勢維持のバランストレーニング(スタビライゼーション)を気まぐれにやっておきましょ。

スタビライゼーション