スマホからFacebookページにアクセスすると、エントリ毎に何人が見たか管理者権限で確認できるのですが、少し前のこの記事『整体師の収入と支出について』がちょっとした記録になりました。

手力整体塾FBページ
通常は大体100~200人くらいが見てくれているようなのですが、この記事は1000人。ピッタリ1000ってところがちょっと怪しいですけど多分バグじゃないと思われます。

手力整体塾のFBページにいいね!してくれている人はたったの87人。伊藤の友達が342人(内100人ほどは外人さん(笑))。いいね!してくれている人全員が見て、伊藤がシェアしたものを全ての友達が見てくれたとしても追いつかないところまで見ていただけたみたいです。(見るのは見るけどいいね!が付かないのもこの手の記事の特徴w)

正直ワタクシ自身は見ないですけどね。こんなタイトルだったら。
みんなが見たいものと筆者の書きたいものは往々にしてずれる。
ここがブログの難しいところ。

『整体師って儲かるの?』という興味からこの記事は読まれたと思うのですが、“儲かるかどうか”ではなく、“やりたいかやりたくないか”で決めるのが肝心だと思います。

本当にやりたいかどうかは過去を振り返れば見えてきます。良く『前を向いて進め』とか『過去は振り返るな』とか耳にしますけれど、“過去を悔いるな”という教えであって“過去から学ぶな”という事ではありません。
スティーブジョブズも言ってます。『振り返った時に繋がる』。

(4:50くらい。何度見ても良いスピーチだ)

コンセプトや理念といったものも市場調査など周りをキョロキョロして創るものではなく、振り返った時に見えてくるものだと思います。

人はやりたい事しか出来ません。
もしやっても続きませんし、無理やり続ければ心身のどこかが壊れていきます。
自分が何故それをやるのか。それはきっと過去が教えてくれます。

卒業生がブログにこんな記事を書いてくれました。
そうなのです。わざわざ経営のセミナーとかWEBのセミナーとか行かなくても良いように、整体以外の事もテンコ盛りでお伝えするのが手力整体塾なのです。

実際独立開業したら施術以外の仕事が7割くらいを占めます。
伊藤は未だに全てを1人でやっている偏屈ジジイなので、整体で開業し継続して営業するために必要な事を全部お伝えできます。手前味噌ですが、『教わる』じゃなく『学ぶ』気持ちがあればとっても安上がりなのが手力整体塾。教わりたい人は来ない方が良いです。教えませんからね(笑)

基本的に、あなたの為に何か出来るのはあなただけです