何度でも何度でも言います。
教えられた事、見たこと聞いたことを覚えようとしても無駄です。・・・・・・というか、人間の脳は凄いので、一度でも見たり聞いたりした事は必ずインプットされているんだそうです。(古い卒業生はこの話しもミミタコですね)入ってはいる。だけど出さないからどこに仕舞ったかわからない状態。『私の脳は・・・・』なんて自分の脳を特別扱いしなように。スペックは皆一緒です。

記憶を辿って出す事に徹しましょう。何度か出し入れして保存先の確認。ついでに細切れの知識をカテゴリー別に整理しましょう。
『頭が良い人』というのはそういう作業をきちんとやっている人。けしてスペックが高いわけじゃありません。スーパーコンピューターも歯が立たない脳をみんなが持っているんですよ。

『出す』の基本は書くです(次に喋る)。とにかく書いて整理。書くと色々気付きます。気付くと勉強が楽しくなります。書くのは文章に限りません。

姿勢のデフォルメ

(何だかわからないかな?)超デフォルメしたこんな単純な絵でも、自分で書くのと人が書いたのを見るのとでは雲泥の差です。