お年寄りの施術について度々質問を受けるのでまとめておきます。

  • 無理は禁物
  • 深追いしない
  • 安心感を提供する

症状が重い人も、症状が軽い若い人でも基本は同じです。その“程度が変わる”だけ。

理想を掲げてそこへ近づけていくことほもちろん大切ですが、小さな一歩を確実に踏んでこそです。
小さくても良いから、体のあちこちに隠れている圧痛を互いに確認しながら取っていくこと。痛みは取れるという事実を少しずつ感じて、安心感を持ってもらうこと。
痛みの生理を知らない人にとって、痛みは恐怖なのです。整体師がおこなうのは恐怖の解消。恐怖が大きければ大きいほど、小さな痛みを取ることはとても大事だと思います。
難しくはありません。
手力整体の基本手技には、良くある圧痛を互いに確認しながらとっていく行程が織り込んであります。
腰や肩にある圧痛をゴニョゴニョっとして取ってしまうことなど教室で練習をしていると当たり前のようになってしましますが、これって凄い事ですからね。

この施術の大前提は、独立して夢を掴む行程とも一緒です。
馬鹿デカイ夢、理想を掲げておく事も大切ですが、小さな一歩を踏んでこそ。
そして一歩を踏んだ自分をちゃんと評価してあげること。どんな些細な事でも、昨日できなくて今日出来たことを褒める。今日できなかった小さな事を明日やる。その繰り返しです。

蟻んこが象を倒す。
銃器やメスを使わず、潤沢な資金も無い私等は蟻んこみたいなもんですから。

 

さあ、今日はマーケティング&マインド、そしてPC講座。ぶっちぎり7時間。脳みそにたっぷり汗をかいてもらいます。ビシビシいきますよ~。