記事一覧

頚椎第1・第2


頚椎

脊柱の中には、椎間板が存在しないところもある。
環椎後頭(かんついこうとう)関節(頭と第1頚椎)と、
環軸(かんじく)関節(第1~2頚椎)の2箇所だ。

よって、この2箇所には特別な名前が与えられているわけだが、
形も他の椎骨とは随分違っている。




環椎
第1頚椎(環椎・C1)
(上から見たところ)

椎骨の本体とも言える椎体が無く、
大きな椎孔(ついこう)を持つため、環状を呈している。
前後に分かれた椎弓(ついきゅう)と呼ばれる部分のみで構成されている。

青いところは関節面(上関節窩じょうかんせつか)。
ここに後頭骨が乗っているわけだ。


骨の話をしていると、良く出てくる窩と顆。
どちらも“か”と読むが、窩はへこみ、顆は出っ張りを意味する。



軸椎軸椎


第2頚椎(軸椎・C2)
歯状起(しじょうとっき)という大きな突起が特徴。

突起が環椎の椎孔前部に収まり、環軸関節を形成する。


ファイル 4-4.gif

環軸関節を横から見るとこんな感じ。
首の回旋はほとんどこの関節で行われている。



ちなみに、環椎は後頭骨に埋まるように収まっているので、
外から触る事は出来ません。






>>>>第3~7頚椎を見てみる



     
  • twitterでツイートする
  •  
  • Yahoo!ブックマークに登録
  •  
  • このエントリをLivedoor クリップに追加
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークする
  •  
  • このエントリをBuzzurlにブックマーク

頚椎第3~第7(隆椎)



第3頚椎

第3~6までの頚椎はほぼ同じ形を呈している。
棘突起(きょくとっき)の先端が、2つに割れているのが、
頚椎の特徴。

第7頚椎


第7頚椎は、また少し違う形になる。
その為、隆椎(りゅうつい)という特別な名前が付いている。

棘突起が長く大きい。
下を向いた時、首の付け根がポコっと出っ張るのがそれである。


頚部の脊柱での運動は、左右への側屈と、前・後屈であり、
環軸関節以外では、ほとんど回旋運動は行われない。
また、側屈、前・後屈はほとんど下部の頚椎のみで行われるため、
頚椎ヘルニアは下部頚椎で起こる。







>>>>胸椎へ進む



     
  • twitterでツイートする
  •  
  • Yahoo!ブックマークに登録
  •  
  • このエントリをLivedoor クリップに追加
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークする
  •  
  • このエントリをBuzzurlにブックマーク

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ